はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

ろくでなし子さん逮捕について書こうとしてやめた

2015/1/6 追記でコメントの返事を書かせていただきました。

ろくでなし子さんの2度目の逮捕について、いろいろ思うところがあり、猥褻の定義とは、エロスは時代で変わる、刑法175条と表現の自由、など長ーい文章にまとめはじめたのですがやめました。そんな文章ネットにいくらでもあるので、かわりに私の大学院の思い出の日記でも書こうと思います。

ろくでなし子さんについて知らない方はこちらへ:
http://newsphere.jp/national/20140725-6/
http://www.asahi.com/articles/ASG947WFSG94UTIL061.html
http://youtu.be/A5qq4cXoR9w
ーーーーー

大学を卒業して、私はフィラデルフィアにある大学のアート修士課程に入学しました。大学時代4年間、イリノイ州のコーン畑の真ん中のど田舎町ですごした私にとってはフィラデルフィアはかなりの大都会。大学院ですごした2年間は、私の人生の中で最も刺激的で、狂っている人に会い、楽しかったです。

忘れもしない大学二年生最初のプレゼン。学部全員が自分の作品をパワーポイントにまとめて教授やほかの生徒に発表するというもの。そのとき1年生に会うのははじめてのことで、みんなどんな作品を作るかも知りませんでした。1年生の一人にタラちゃんという写真家の女性がいました。彼女はがっしりした体系で身長は低くめ童顔で笑った顔が子供っぽいので若く見えるのですが当時30代半でした。彼女のことを有名なディズニーキャラクターに例えるならプーさんに似ていました。
pooh.jpg

彼女の発表の番になり、彼女が自分のUSBをパソコンにつなげ、パワーポイントを起動させました。彼女のウェブサイトが現在は落ちているので、実際の作品をそのままお見せできないのが残念ですが、かわりに私のつたない説明文と絵とネットからみつけた適当な画像で、そのときの作品を再現したいと思います。

まず、カメラのアングルは若干下からの構図です。

1_20141215015741ddd.jpg


テーブルの中央に5段くらいのシャンパンタワーがあり

TOWER2.png


そのシャンパンタワーの上に、下半身を露出させて足を広げて立って人がいます。

3_20141215015437110.jpg



その人が大きなビール瓶を片手で持ち、がぶ飲みしています。

4.jpg



よく見ると足の間から黄色い液体を表していると思われる線が出ており、シャンパングラスの液体の正体が分かります。

5.jpg



その足を広げている人物は、そのとき発表会をしていたタラちゃんでした。

6.jpg

最初の自己紹介で大きなプロジェクターから大画面で自分の下半身さらけ出したタラちゃん。一人のクラスメイト(男)が「こんなのアートじゃない」とか言って、怒って教室を出ていきました。しかし、タラちゃんは何事もなかったかのように淡々と発表を続けています。その時私は思いました。

なんてかっこいいんだ...たらちゃん!!

このときえらく感動したのを覚えています。帰国子女と言う少し変わった生い立ちとはいえ、中学校と高校一説によると一番感受性の豊かな時期にメディアでは美人で若くて可愛いおしとやかに笑う天使のような女性がもてはやされブスなんて存在しない生きる価値あるの状態の日本という国のしかも女子校で教育を受けたサラリーマンの父と専業主婦の母といった昭和時代の理想的な家庭に育てられたごく普通の一般ピープルウーマンだった私にとって、タラちゃんの存在は衝撃的でした。アート作品そのもの事態がすばらしいとお思ったというより、恥ずかしがらず自分の体をさらけだし、社会の常識にとらわれない、力強いタラちゃんのアクションに感動しました。そしてたらちゃんが大好きになりました。

しかし、実際一学期早々にクラスメイトの下半身、しかも若干下からのアングルで大画面で見るというものはけっこうエグいものがあります。でもそのときのタラちゃんの写真作品は今までみてきたどんなギリシア彫刻、油絵、映像、写真、ポスターよりも、女性の体をリアルに考えさせてくれました。女性がみんなあんなポルノスターみたいな美しい体してないし、そういう体してないからって人に見せちゃいいけないわけでもないし、女性の体そのものがエロいんじゃなくて見ている人がそういうフィルターかけているんだよなぁ、とかいろいと考えた訳です。

みんなが体を自由に場所をわきまえず裸になっていい世の中にしたいとかいっている訳ではないです。ろくでなし子さんも、いやがる人に無理矢理自分の体を見せた訳でもないじゃないですし。タラちゃんの写真のように人の下半身だからってからならずもエロスになるとは限らないし、逆に無機物(ニーソックスとかね)にエロスを感じる人もいます。

タラちゃんやろくでなし子さんのような女性が世の中にいると私は安心します。彼女らの行動を批判する人がたくさんいることも知っています。でも、彼女は別に人の気分を害したくてやっているわけではなく、訴えることがあるから結果的にああいう行動に出ていると思うのです。行動だけをみて批判するのではなく、その行動に至ったまでの経緯や考えを理解しようとしてみたほうが有意義だと思います。刑務所に入ってまで訴えたいことってなんなんだろうって。

どうあがいても他人の気持ちや苦しみを完璧に理解することは不可能だと思います。私がいくら脳内でイメトレして、いくら人の話を真剣にきき、いくら文献をよんで、いくらドキュメンタリーをみても、男として生きる辛さや、ずっと黒人差別を受けて育った人の気持ち、同性結婚がしたいけどできない人の気持ちを、などなど他人の気持ちは完全に理解することはできないです。結局自分のことと自分の育った環境のことしかわからないんです。だからこそ自分には理解できないこと、見慣れないこと、びっくりしたことは、否定から入るのではなく、できるだけ一生懸命耳を傾けるように努力したいです。どうせ本人にしか本人の苦しみは分からないんだから!何か辛いことがあってそれを訴える人がいたら、我慢しろ、みんな我慢している、って言うんじゃなくて、みんなも辛いことを言い合ってお互いを許しあう緩〜い世界になればいいと思うよ。

最後に素敵なおばあちゃん、ルイーズ•ブルジョワさんの写真でお別れです。
LouiseBourgeois
Robert Mapplethorpe, "Photograph of Louise Bourgeois," 1982

続きを読む

スポンサーサイト

グループ展に参加するよー

ニューヨークにすんでいる人でこのブログ読んでいる人いるかわかりませんが、
グループ展に参加することになったので、一応告知します。
09/12/14 6:00-8:00 PMの間にオープニングがあるので、もしこれたら来てみてください。
この時点で、搬入日、出店点数など、何も分かっていませんが大丈夫なのでしょうかね(^^)?

Active Space Brooklyn
566 Johnson
Brooklyn, NY

ウェブサイト:http://www.activespacestudios.com/
Facebookページ:https://www.facebook.com/events/735050633210488/

つまらなぬ報告だけで申し訳ない。鬼忙しいので、またおちついたらまた何か書きにきます〜。

高校から大学まで

いつも鑑賞者の視点でブログ書いていますが今日は作っている人の視点から書いてみたいと思いまして、自分がいまの作品にたどりつくまで(大学時代まで)のことを書きたいと思います。うへぇ~はずい!なんとなく自分でまとめてみたくなったので、たぶん本人以外どうでもいい事かもしれません、、。いろいろお見苦しいことがあると思いますがよろしくおねがいします。

美大受験時代↓
drawing.jpg
絵は小さい頃から書くのが好きだったのでイラストレーターになろうかと考え、日本画科受験の勉強をしました。高校生の時点で芸術家になろう!って思う人ってどれくらいいるんでしょうねぇ。高2のころは週1回デッサンの塾に通い、高3のころは学校帰りに毎日3時間、土曜日6時間、夏休みや冬休みは毎日9時間くらいデッサンしてました。辛かった、、、。美大受験の方ならみんな経験あると思いますが、、、
今考えるとこのころ鍛えたデッサン力で構図をくむ力がつきましたし、頭にイメージした物を書けるというのは便利だとおもえます。でも当時はなんで写真とれるのに写実的にかかなきゃいけないんだとか思い詰めたり、絵を描いているときに先生が後ろにたって今にも「ここデッサン間違ってる」って言いにくるんじゃないかと軽くトラウマになってました(笑)。
なにより受験がおわったあとにデッサン教室の精神状態(?)からはなかなか抜けなかったのが困りました。なにをかいたらいいか分からなかったり、絵には正解(いかに写実的に書くか)不正解(デッサンの狂い)があると思い込んだり(^^)。デッサン教室はカメラのレンズになりきり技術を練習する場!と割り切っていれば精神的にそんなに辛くなったのかもしれません。下手に「何を表現したいんだろう」とか「個性」とか考えると頭が狂います。

P8270010.jpg
日本画教室に通ってみたりしました。今の作品と全然ちがいますがこの頃から共通するものもあります。たとえば上のデッサンでもいえるのですが、モチーフの選び方だけでゴチャゴチャしたものを好む事、柄に興味がある事、重さや質感よりも色彩や雰囲気に興味がある事、がわかるんですよね。不思議!当時は気付きませんでしたが。だから課題がないと何を作ったらいいか分からない!なにが表現したいか分からない!という人(まさに受験直後の私)は自分の好きな物を書き出して、それらのものの共通点を探すのが第一歩かもしれません。デッサンや課題を見て分析したり、また趣味や好みを分析したり。

私の教授のおしえてくれたやり方だと好きなものや言葉、自分に取って大切な物を50個くらいリストにすると良いといってました。たとえば私は異様に剥製やお面が好きでした。なぜかという見ていると気持ち悪いのに美しい、生きているようで死んでいる、という相反するものがひとつになっているから興味深かったのです。そんな感じで好きな物を分析するのは自分の作品の方向性を理解するときに役立ちました。

大学時代
MoriizumiSaori12.jpg
アート=彫刻か油絵、という固定観念しかなかった私は彫刻はやったことがなかったのでとりあえず油絵をかきまくりました。人物にはあまり興味なかったので外で書きました。やっぱり当時は気付いてなかったんですが、どうもゴチャゴチャしているところを好き好んでかいていました。はっぱが画面いっぱいにしきつめられ、まるでドット柄になりかけの、はっぱという立体からドットという平面になる中間地点を好きだったようです。ゴチャゴチャした場所を好んでいたのは、おそらく実家が東京だったのでそこがおちついたということだったとおもいます。もちろんこれらは今だから言えた考察であり、当時はやっぱり「私何やってるんだろう、、、こんなんかいていみあるの?」って思ってました。無意識にただなんとなくかいた絵でも、潜在的に絶対なんらかの理由があることを学びました。油絵を写真取らずほとんど捨ててしまったこと後悔してます、、、。

大学2年生
画像2 072
油絵をかいているとき、あらかじめ決められた四角いキャンバスが窮屈だとなんとなく感じていました。だからいつも角がてきとう!あと油絵ってなんとなく近づきがたいイメージがありました。白いキャンバスを前にすると紙とは違ってちゃんとしたものかかなきゃ!というプレッシャーをン感じるというか。私が他の人油絵を見るときもなんとなく身構える気がするんですよね。すごいものを見てる!って感じ。(油絵見るのは大好きです)もうちょっとカジュアルでどっつきやすい物が自分にあっていると感じていました。
そんな思いいろいろ爆発して、初めて作ったコラージュが上の作品です。今見るとしょぼすぎて恥ずかしい!
でもこんなしょぼいものにかかわらずそのときの教授がこの作品見て私よりテンション高くなって「いいじゃない!もっと作ってみたら?」と背中を押してくれたので、私も「そ、そう?」って自信ないながらもコラージュ作りつづけました。私も見慣れない事をしている生徒がいたら背中を押ししてあげられるような教授になりたいです(^^)いつか教授になりたいなぁ、、

大学3年生前半
画像2 005
コラージュは2年生の半ばから3年生の半ばまでやってました。油絵のときにはなかなか出せなかった生々しい(?)素材の質感がすごく好きでした。この時点で材料はほぼ全部画用紙とパステルと絵の具です。
地平線が(上の方の茶色の途切れ目)がまだあるので風景画というかやっぱり「場所」に興味あるようです。だから自然とインスタレーションにつながっていったのかな、、。自分の理想の風景を探して描く事から作るようになったともとれるというか、、

大学3年生夏
IMG_0322.jpg
紙じゃもろいから、いって教授が布を使うようにすすめてきました。その初作品がこれです↑ここからどんどんインスタレーションのほう自然と向かっていきました。途中で教授にもういっそ壁必要じゃないんじゃない?彫刻作れば?と言われてやってみたんですがなにかがちがう、、、。私は油絵と彫刻、平面と立体の中間に興味があるようです。その理由はいろいろあるのですが長くなるしうまくことばにまとめられる自信がないので今回は省きます。
コラージュをやっているときも、応援してくれる教授もいれば油絵のほうがよかったよ、という教授もいました。大切なのは自分がいいと思ったことを信じてつきすすむことだとこのとき学びました。私の場合はコンセプトや最終的な形はあらかじめ決めておらず、感覚をたよりに手探りで作っています。あとで振り返って分析してあぁ、あの作品はこういうこと考えてたんだなと思ったりします。自分にとって視覚の日記帳みたいな感じです。

卒展
IMG_1371.jpg
なぜ2次元って魅力的なのか?なぜ旅行するとき、旅自体よりも計画する段階が楽しいのか?なぜ思い出の故郷は美しく現実の故郷はそうでもないのか?なぜ漫画がハリウッドが実写化するとあんなにがっかりしたものになるのか?など空想と現実、2次元と3次元についてよく考えます。上の作品は近づいたらがっかりする、だから床にものを置いて近づけないようにする。近づけないからさらに魅力的だと感じる。近づきたいけど近づいたら壊れる、そういう場所をイメージして作りました。

そして最近はというと。







詰んだ!(^^)

なに作ろうかなぁ、って考えている所です。近頃はアニメーションやら水彩にも手を出しています。ちょっとでもおもしろいとおもっていただけたら嬉しいです。

どうしてこうなった・・・・

今日だけで249人のアクセスがあるんですが・・・


なにがおこった・・・・?(^^)


(いつも10人~15人くらいだとおもわれる)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。