はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

Peter Fischli と David Weiss

Peter FischPeter Fischli と David Weiss(発音が分からない)はスイスの2人組アーティスト。彫刻、写真、ビデオ、ドローイング、インスタレーションなど、幅広いジャンルのコラボ作品を残しました。2012年にデイビット•ワイスのほうは、亡くなってしまいました。


Peter Fischli & David Weiss, "The Way Things Go, 1986-1987.

2人の作品で最も有名なのが、上記の映像作品。二人がアトリエに日常品を並べ化学反応や重力で動かしたのを、カメラがそれを追います。例えるなら日本のピタゴラ• スイッチを汚くした感じ。一回のテイクに見えますが、実は何カ所も編集されているようです。 DVDレビューには「見てて飽きない」「ピカソも嫉妬」などと絶賛のコメントを読んだ事ありましたが、私は正直眠くなりました!(^^) 3分以上のYoutube動画が見れない集中力が激減している現代人には30分の自然音しかない動画は辛いです。
大学時代にはじめて見たのですが、いまいち良さが分かりませんでした。今回グッゲンハイム•ミュージアムでPeter Fischli と David Weissのレトロスペクティブ(アーティストの生涯の作品をまとめた展覧会) を見て、かなり印象が変わったのでその感想を書きます。

guggenheim.png
Peter Fischli David Weiss: How to Work Better at the Guggenheim. Photo: David Heald/Solomon R. Guggenheim Foundation, New York

グッゲンハイムの長いぐるぐるの通路に、いくつもの白い台に乗った小さな粘度彫刻。キルムで焼いておらず、色も塗っておらず、こねて乾かしただけ。台には一つ一つタイトルがつけられており現実にあるものから、空想のシーンを表現したもの、形容詞などの抽象的なもの、テーマに分け隔てありません。集まると国語辞典の立体版みたいな印象です。


Peter Fischli & David Weiss, "The First Fish that Decides to go Ashore"
(陸にあがる事を決心した最初の魚)


この作品ができたきっかけは、チューリッヒのギャラリーがグループ展を計画していたところ、直前で出展するはずのアーティストが出展できなくなり、 Peter Fischli と David Weissに何か作ってよ!と依頼。展覧会まで6週間という短期間で作られたのがこちらの作品:"Suddenly This Overview" (1981)。世界中の知識と人類の歴史を自分たちの解釈で表すことがテーマ。6週間で表現するにはあまりにも壮大て無謀すぎ!


Peter Fischli & David Weiss, "The Apes Incapable of Understanding the Mystery of the Monolith"
(モノリスの謎が理解できない猿たち)



Peter Fischli & David Weiss, "Dr. Spock Looks at his home planet Vulcanus and is bit sad he can't have any feelings"
(スポック先生は故郷のヴァルカン星を眺めながら自分に感情がないことを少し悲しんでいる)



Peter Fischli & David Weiss "Popular Vision of Fear"
(一般的な恐怖の印象)
*写真だと分かりづらいですが、海の波か、火の海に、飛行機が突っ込んでいます。



Peter Fischli & David Weiss, "Japanese Rock Garden"
(日本の石庭園)


真面目すぎず緩い感じの彫刻と、クスッと笑ってしまうようなタイトルが見ていて楽しいです。焼く前の粘度の薄いグレイがかったあいまいな色や、アーティストの手でこねた跡の残る手探り感が、記憶のあいまいさや、自分たちの解釈の歴史を表すのにふさわしい表現な気がします(^^)表現されているワンシーンの選び方が面白いですし、粘土という子供の頃から親しみのある扱いやすい素材なので、スケッチのように手早くアイデアをすぐに形にすることができ、直結的で斬新な思わぬ形が出来上がるように思います。「日本の石庭園」など、簡単に表現されていますが、特定の庭園ではなく、本当に誰もがもつ「日本の石庭園」のイメージを的確に最低限の動き捉えられているな、と思います。

86173ba81863c267cb9969486b0a9330.jpg
Peter Fischli & David Weiss, "Natural Grace," 1985

FISWE0026-Blossoming-Branch-1986.jpg
Peter Fischli & David Weiss, “The Blossoming Branch 1986.

上記は"The Way Things Go"が作られる前に作っていた写真シリーズ。日用品を絶妙なバランスで重ね、真正面からの角度で写真をとらえることで、日用品に大きな彫刻作品のもつ威厳?みたいなのが加わっている気がします。写真では静止しているのですが、撮影時はゆらゆらしているのでしょう!今にも落ちてしまいそうな緊張感を感じ、「落ちる」という動作と写真の性質である「静止」した瞬間を捉える事の面白い矛盾みたいなのを感じます。
写真を見ているころには、写真に写っているものは倒れて崩壊していることが想像でき、「存在している」ことともうこの世には「存在していない」ものを同時に見ているような不思議な感覚を覚えます。実際の物体はもう存在していませんが、写真の中では永久に存在し続け、写真だけでしか存在できない彫刻を見ている感じがします。 言いたいことがうまく伝わっているかわかりませんが、そんな感じ!
"The Way Things Go"が、この静物写真シリーズのあとに作られた作品だとわかると、なんとなく伝えたい事がわかる気がします。どちらも時間と永遠に続く崩壊の緊張感という共通のテーマがある気がしますね!
スポンサーサイト

Mark Dion

マーク・ディオンの展覧会に行きました。


Mark Dion, "The Library for the Birds of New York and other Marvels", 2016.

ギャラリーの中に入るといきなり人が入れる大きさのケージがあります。ケージの中心に古い木が立っていて、枝には額縁にはいった鳥の絵、探検に使いそうな帽子、レトロなカメラ、望遠鏡、本、鳥カゴ、などロマン?を感じるような小物ががぶら下がっています。気の麓には自然や鳥に関する本や雑誌が敷かれています。その中を自由に飛び回るカラフルな小鳥がいます。



一度に3人の観覧車入れるようになっています。中に入ってみると、鳥のチュンチュンという鳴き声と、ペチペチペチと糞が落ちる音がします。ビデオとってみました。

[広告] VPS
[広告] VPS

マーク•ディオンは科学(人間)と自然の関係をテーマとするアート作品を多く作っています。
ケージの中は、ニューヨークのギャラリーの中にいることを一瞬忘れてしまうような絵本に出てきそうなァンタジーな空間です。望遠鏡や冒険帽子は、人間の未知の世界へのロマンチックな憧れや大自然を冒険したいという子供っぽい探究心を表しているように思います。同時に、人間が自然をいくら完璧に理解して科学で説明しようとすることの無理性や無意味さを表現されていると思います。例えば、人間がジャングルの奥地に行き、エキゾチックな鳥を鳥かごに捕らえ持ち帰り、観察して絵ををかき、写真を撮り、名前を付けて分類分析し、発見したことを論文に発表し、本にまとめて出版します。そして人間はその鳥を理解した気になります。そんな人間の知識の象徴ともいえる本の山の上を、鳥は自由に飛び回りぺちぺちと糞を落とすわけです。どんなに一生懸命研究して、それが世紀の大発見だろうが、人間にとっての自己満足であり、鳥にとって「糞くらえ!」的にどうでもいいことなのかも?とユーモラスに考えさせる気がします。また、いざ本物の鳥と鳥について書かれた本を一緒の空間で並べてみると、何かが大きく違います。本物から知識に変換される段階で何が起こり、何が失われているのか考えちゃいます。(^^)



Mark Dion, "The Library for the Birds of New York and other Marvels", 2016.

ガラスケースの中に、剥製、写真、、燃えたマッチ棒をためた瓶、古い紙、パズルピースなどが展示されています。ミュージアムや研究室で見そうなガラスケースですが、中はガラクタばかり。ガラスの目玉がはめ込まれた気持ち悪いモルモットや無理矢理眠っているように見せている不自然な猫の剥製。人間の探究心のロマンチックな部分でなく、ときどき残酷で異常なまでの収集癖について考えさせます。

日記が久々すぎて、昔どういう風に書いていたか忘れてしまった\(^o^)/

もっと見たい方はこちら:http://www.tanyabonakdargallery.com/artists/mark-dion/series

良いセンスと悪趣味

コメント•拍手ありがたく読ませてもらっています。
今回は悪趣味と良いセンスの狭間のアーティストを集めてみました。悪趣味と良いセンスの違いってなんでしょうね?

◎David Altmejd デビット•アルトデミィド
David01.jpg
David Altmejd, "The Flux and the Puddle," 2014

デビット•アルトデミィドは、プレキシガラス、鏡、剥製、鉱石、などの材料を用い、カオス的で繊細、グロテスクで美しい、チープで高級感のある彫刻やインスタレーション。一つのギャラリーをまるまる占領するような巨大インスタレーションが迫力満載。さわやかなレインボーカラー、宝石のような輝きをもつ材質が人をプレキシガラスの世界に惹き込むのですが、よく見ると、割れたガラス、きざまれたマネキン、動物の死体、どこか残酷で痛々しいのです。

david06.jpg
David Altmejd, "Untitled,"

david07.jpg
David Altmejd, "La chambre d'hôte", 2010

とてもアナログな作品にかかわらず、なぜかピクセルやシステムと言ったデジタルなものを考えさせるのが不思議ですね。ちょっと近未来SFっぽい。
もっとみたい方はこちら、ウェブサイトの作品はかなり充実しているのでおすすめ!
http://www.davidaltmejd.com/

◎Thomas Lanigan-Schmidt トーマス•ラニガン•シュミット
thomas03.jpg 
Thomas Lanigan Schmidt, “The Summer Palace of Czarina Tatlina"

アルミフォイル、お菓子の包み紙、セロファン、洗剤の箱、ホチキス、など、普通の人がゴミだと思う材料にただならぬ愛情と執念と繊細さを込めて、作品を作っているアーティストです。写真だと彼の作品の魅力がまったく伝わらないのが残念。一見、子供の工作に見えてしまう不器用な作品にみえてしまいますが、色の配色、細部の作り込みにとてもセンスを感じるのです。

thomas02.jpg
Thomas Lanigan Schmidt

thomas01.jpg
Thomas Lanigan-Schmidt, "Lollipop Knick Knack (Let's Talk About You)", 1968-69.

ローマ•カソリック教のモチーフとゲイ写真を混ぜているのも興味深い。ローマ•カソリック教では、同性愛は罪深いという見方がされていますが、アーティストがゲイであり、クリスチャンでもあるらしいので、葛藤もあるのかもしれません。ゲイポルノの写真を混ぜて、ローマ•カソリック教を馬鹿にしようとか笑いを取ろうとか、そういう意図で作品を作っている訳ではなく、純粋にキリスト教を信仰していて、ゲイカルチャーにも興味あるんだな、という風に2つのまったく違う世界が嫌みなく組み合わさる不思議な作品を作っています。

去年Momaが作った彼のアトリエ紹介がなかなか面白いです。物が多すぎ!


もっとみたい方はこちら:
http://pavelzoubok.com/node/thomas-lanigan-schmidt-tenement-symphony

◎Henry Darger ヘンリー•ダーガー
henry2.jpg
Henry Darger, "In the Realms of the Unreal"

日本でも知名度の高いアウトサイダーアーティストのヘンリー•ダーガー。アウトサイドアーティストとは、アート教育を受けていないアーティストのことを呼びます。ダーガーは19歳のときから、70歳以上になるまで、"In the Realms of the Unreal「非現実の王国で」"というお話を一人アパートの中で書き続けました。ヴィヴィアンガールズと呼ばれる少女7人率いるキリスト教軍隊と大人の軍隊の壮絶な戦いを描いたお話で、15000ページにも及びます。お話の各所に挿絵があり、絵柄が子供の絵本なのに、かかれているものが戦争や拷問されている少女など、きわめて大人向け。イノセンスが強すぎて、逆に狂気を感じる絵です。

henry1.jpg
Henry Darger, "In the Realms of the Unreal"

彼は生きている間は作品はまったく評価されず、亡くなってアパートの部屋を掃除しようとした大家が彼の作品を発見。ダーガーは、日中は病院の清掃員として黙々と70歳まで働き、友人もほとんどおらず、家にかえるとただ「非現実の王国」を書き続けたらしいのです。

もっとみたい方はこちら:
http://www.folkartmuseum.org/darger

一人で作品作って壁にかけられた彫刻みていると、ダーガーのようになるのではないか、と時々考えます。インターネットで公開している時点でちがいますけどね!作品アップしたので、よかったらみてください。リアルで展示する機会がほしいぜ、、。
http://saorimoriizumi.com

展覧会のレビューなど

ハッピーハロウィン、メリークリスマス、良いお年を、あけましておめでとう、ハッピーバレンタイン、お久しぶりです。最近みた展覧会のレビューでも書こうかと思います。

Mike Kelly-----PS1
Screen shot 2014-02-02 at 2.20.47 PM
Screen shot 2014-02-02 at 2.21.30 PM
Screen shot 2014-02-02 at 2.20.27 PM
マイク•ケリーは、複数のぬいぐるみを結合させた彫刻を作る事で知られるアーティストです。ぬいぐるみをモチーフにした作品以外にも、彼のそこまで去られていないビデオアートやスーパーマンをモチーフにした彫刻も置いていました。

子供のおもちゃであるぬいぐるみのもつ純粋なイメージは、ぬいぐるみのバラバラにされ再び再構築されたキメラのな不気味さや、ぬいぐるみの性的なポーズを、余計変態的に感じさせる、、、、はずなんですが、私がロリコンアニメで溢れる日本で育ったせいか、こういった子供っぽいものに性的暴力的なことをさせることに衝激を感じませんでした。 残念です。ほんとうに。一般アメリカ人からすると、マイク•ケリーの作品はかなりショッキングなものを感じるらしいです。マイク•ケリーの作品を見た人の中には、ケリーはは精神に異常があり、小さい頃に性的な虐待を受けたのが原因ではないかと思う人もいるらしいです。そんな事実はとくにありません。マイク•ケリーは2012年に亡くなっていますが、ウェブサイトは残っているので、もっと作品を見たい人はどうぞ。

http://mikekelley.com/


Chris Burden-----New Museum

Screen shot 2014-02-13 at 6.30.21 PM

Screen shot 2014-02-13 at 6.29.52 PM

クリス•バードンといえば、アシスタントに自分を銃で撃たせたパフォーマンスアート作品"Shoot"で有名ですが(パフォーマンスアートの過去記事参照)、最近は彫刻も作っているみたいです。取り扱っているテーマはは戦争や権力といった重いテーマものが多いのですが、おもちゃを使ったり、ユーモアをまぜてみたりしていて、なかなか面白かったです。クリス•バードンってただのドM野郎じゃなかったんだ!とおもいました。展覧会で特に人気だった作品が「Tower of Power」(権力の塔)という作品です。細い階段を登った所に、壁にテレビくらいの大きさ穴に展示されていました。30分待ちの列があり、階段の前に警備員が立っており、一人ずつでしか作品が見れないように見張られていました。私は友人とこの展覧会にみにいっていたのですが、「最近入場者数を限定する展覧会やインスタレーション作品はやっているよねー。」という話をしながら待っていました。

さて、やっと自分の番になりました。
30分も待たせたんだから、さぞ面白い作品が
待っているんでしょうね!
期待して階段を登ると、、、、、



















Screen shot 2014-02-02 at 2.24.54 PM

展示されていたのは、がっかりするほど小さなガラスケースに入れられた金の板作られた小さな山。周りにはマッチ棒で作られた人形。やられた!(^^)
こんなものを見るために30分並んだのがばからしい。作品のタイトルから分かるように、これがバードンの目的だったのでしょう。近頃、MOMAの雨の降る部屋だったり、チェルシーのギャラリーでの草間弥生さんの個展など、観覧者数を
わざと限定する作品が多いのです。そのため、1つの作品を見るのに2時間3時間待ちなんてこともよくあります。

Screen shot 2014-02-02 at 2.28.51 PM
ギャラリーに入るのに並ぶ人、チェルシー

しかも、列に並ぶ人は観光客だったり一般の人だったり、普段はあまりアートを見ない人が増えていたりします。現代アートに興味をもってくれる人が増えることは非常に嬉しい事なのですが、アートがテーマパークのアトラクション化して、美術館やギャラー側が入場者数を増やすために話題性が大きい作品や高度な技術を使った作品ばかりを展示したりすると、取り扱う作品が偏ってしまうという問題も発生します。バートンの「権力の塔」はそんなアート界の現状を皮肉たっぷりに表現しているように思います。ちなみに、こういったアート界のルールや構造自体をアートが批判したり評論したりするアートの事を Institutional Critique(組織評論)とよんだりします。この言葉も近年よく耳にする言葉です。

Johannes Vermeer-----The Frick Collection
Screen shot 2014-02-13 at 11.51.48 PM

クリス•バードンの「権力の塔」にこりることもなく、翌週はフェルメールの「真珠の首飾りの少女」を見るために真冬のニューヨークで美術館の外で3時間半待ちました(気温ー5度前後)。展覧会の最終日にいったのがいけなかったんですけどね!フェルメールは今まで何点か見てきましたが、正直、そこまで感動したことはなく、なぜここまで人気があるのか未だによくわからないです。なので、他のフェルメールの作品だったらスルーする展覧会だったのですが、「真珠の首飾りの少女」だけは見ておきたかった!なぜかというと、ピーターウェーバー監督の"The Girl with a Pearl Earing"という映画があったから。(見ていない人は是非見てみて下さい。すべての場面が絵画みたいでとにかくきれいなので、大きな画面で見る事がおすすめします。)
さて、肝心な実物はというと、、、昔の絵画でよくありがちですが、思ったより小さいです。たしかに色や光はキレイです。真冬に3時間外で待つ価値はあるかと聞かれると困りますが、見てよかったとは思います(^^)。ただ、隣の年上の女性がその絵画を見て「いまにも本当に動き出しそうね。」という感想を述べていて、なんとなくテンションが下がりました。



もう1、2個、展覧会のレビューがあるのですが、次回にします。コメント、拍手ありがとうございます。ありがたく読ませていただいています。もう遅いかもしれませんが、コメントの返事ぼちぼちしていきます。

Francis Alÿs

一年の25%がおわろうとしていますが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくおねがいします。今年は制作のほうに打ち込みたいと思いますので、自分が作っている物もアップできたらなぁなんて考えています。更新のない間にコメントくれたり、拍手くれた方ありがとうございます。ちゃんと読んでます。実は仕事が変わって、あまりアートに触れない仕事にってしまったので前みたいに書きたい事が思いつかないのです。更新ないのはそのためで。

先々週くらいに久しぶりにギャラリーをまわってみたので、その中で特に気になった作家について書きます。ニューヨークのアートといえば、MOMA(ニューヨークの現代美術館)、メトロポリタン、ホイットニー、グーゲンハイム美術館思い浮かべると思いますが、そこに展示されている作家さんというのは、キャリアが長くもうすでに有名な作家さんが多いのです。作品も「完成」されているものが展示されています。なので、もっと若い作家の作品が見たい!という人はギャラリーをみることをおすすめします。ニューヨークの中でもギャラリーが集中している地区がいくつもあり、チェルシーはそのなかでも特に有名なギャラリーが集中しています。

気になった何人かの作家を紹介します。(長いので記事を分けます)
Francis Alÿs
R0023224 (2)_1500_0_resize_90

fa2.png
Francis Alÿs, "The Color Bar Paintings", 2011-2012.

テレビのカラーバーを油絵にした作品はそれほどめずらしくないのですが、いままでみてきたカラーバー作品は、ポップでうるさく主張する作品が多いのに対し、Alÿsのカラーバーは静かで、小さくて、やわらかくて、しかも手作り感があるのが新しいと感じました。おちついた白いキャンバスはミニマリズムを思わせ、、カラーバーはポップアートを思わせ、その相反するミニマリズムとポップの組み合わせておもしろいと感じました。
描かれたている風景はどこか中東らしい国の人たち。でもそれしか読み取れません。テレビニュースをみていると、つい海外の事情がわかった気になってしまいます。わかりやすく情報が整理されています。この絵をみていると、テレビに流れるニュースを見ているときと逆の感覚になります。見ているのにわからない、わかる気がするのにわからない、そんな感じ。


Francis Alÿs, "Reel-Unreel", 2001.

"Reel-Unreel"という映像作品は、アフガニスタンの少年21人がフィルムロールを転がし、もう一人の少年がのフィルムを巻き取る話です。ネットでも全部みれますので、ぜひみてみてください。

最初の反応:フィルムもったいねーーー!!

それはさておき、この映像のすごいところは単純なストーリーなのに、最後までみてしまうことです。その理由はいくつかあると思うんですが、まず画面がキレイ!アフガニスタンの灰色がかった土と、カラフルなゴミ袋、場違いな風船、にぎやかな市場の対比が美しいのです。

その次の魅力は、2人の少年が遊んでいる所を追っているだけで、なんとなく少年達の住む町の雰囲気が伝わってくるのです。最初は、子供達がたくさん遊んでいる丘の上から始まり、住宅街のある坂を下り、にぎやかな下町を通り、また丘に戻っていきます。旅番組のように、不自然に特別インパクのある場所ばかりを紹介されるのではなく、とっても自然な感じで町の様子が伝わってきます。

最後に、どうしても気になってしまうのが「戦争」の影。一件子純粋に遊んでいるところを映した映像。嫌でも視聴者に戦争を思い浮かばせるへリコプターや町を歩くの兵隊がちらちら画面の端に映っているのです。だからといって特に「戦争」というテーマを大きく取り上げている映像作品でなく、何か強いメッセージを訴えかける作品でもなく、ただどこか遠い国の「日常」を自然にみせている感じの映像が興味深いと感じました。私がわりと平和な環境で育ったからこそ「兵隊」や「ヘリコプター」がでてくることに過剰反応してしまうのかもしれません。少年達にとっては、マーケットに兵隊が歩いているのは日常なのかもしれません。そういった他の人の「日常」に過剰反応してしまう事が、自分の育った「日常」というものがどういうものかを考えさせられます。

この作品にはほとんど台詞がありません。最後に字幕でこうかいてあります。

On the 5th of September 2011,
2011年9月5日、

the Taliban confiscated thousands of reels of film from the Afghan Film Archive
タリバンはアフガンフィルム保管庫から何千ものフィルムのリールを集め、

and burned them on the outskirts of Kabul.
それらをカブールの郊外で燃やした。

People say the fire lasted 15days.
その火事は15日続いたと言われる。

But the Taliban didn't know that they were mostly given
でもタリバンは知らない、渡されたフィルムの

film print copies, which can be replaced
ほとんどがコピーだったことを、

and not the original negatives, which cannot.
取り替える事のできないオリジナルではなかったことを。


個人的にこの字幕を読んで、コピーならフィルムもったいなくないか、と安心しました。子供がコピーのフィルムリールをまわして遊んでいるように、タリバンがオリジナルフィルムではなくいくらでも複製できてしまうコピーのフィルムを燃やしていることが「遊び」のように思えてしまう。政治的な事件をちょっと最後に茶化した作品ですね。

もっと見たい方はこちら
http://www.francisalys.com/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。