はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

サティ・ゼック Sati Zech

こんにちわ。いきなりですが、若干ネタ切れです(^^)。このまま現代アーティストを紹介していく・・だけでもいいのですが・・・・うーん。私の好みって相当偏ってるということもありますし・・・。やはり自分の作っているものと何かが重なる、共感する作品をを選んでしまうというか…。もし質問とか書いてほしいこととか、答えられないかもしれませんが意見くらいは述べられると思うので、なにかありましたら拍手とかコメントで書いていただければ参考にさせていただきます・・・!あとおすすめのあーティストさんとかいたら教えてください!!(ブログのためではなく主に私のためにw)よろしくおねがいします。

後いまさらですがこのアートブログはおもにアメリカのアートシーンを中心に歴史とか現代アーティストを紹介しています・・・!もっと日本のアーティストとか他の国のアーティストも紹介できればいいと思うんですが、知識がそこまでないので申し訳ない・・・。

サティ・ゼックで読み方あってるのかな?

SATI_ZECH_Bollenarbeit_No_102_900_70.jpg
Sati Zech, "Bollenarbeit No. 102", 2009.

SATI_ZECH_Bollenarbeit_No_54_623_70.jpg
Sati Zech, "Bollenarbeit No. 54", 2008.

上の写真はこちらよりお借りました↓
http://www.howardscottgallery.com/dynamic/artist.asp?artistID=35

このアーティストさんのすごいところはほとんどの作品がキャンバスと赤と白の絵の具とノリだけを組み合わせてつくっていることです・・・!その限られた(?)表現方法のなかでいろんな作品を作ってしまうのです。

また、キャンバスと絵の具といった伝統的な油絵の材料をつかいながら、使い方は全然伝統的じゃありません!キャンバスを白紙や土台としてではなくひとつの素材として使っていて彫刻と油絵の中間のような作品です。

かわいい赤い水玉模様?それとも血で塗られた血痕?布のきれっぱしは手作り感からくる暖かさ?それとも傷跡や縫い目や包帯などを連想させる残酷さ?

歴史を感じるつつ、それでいてポップ!地味のようでパワフル!
シンプルですが他ではあまり見たことない感じの作品が素敵です。

本人のウェブサイト↓

http://www.satizech.de/

下の「Arbeiten」という文字をクリックし、右下に出てくる「>」をクリックしていくと作品が見れます。ではまた
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。