はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

写真について

前回の記事からもうちょっと脱線すると、現実を表したいんだったら写真とればいいじゃない!映像を映せばいいじゃない!って思うかもしれません。写真に写るものは社会一般的に「リアル」「本物だ」であるという認識があるかもしれません。少なくてもイラストや絵画より信頼性があると思いません??でも本当に写真に写されたものは本物なのでしょうか?写真をすべて信じてしまっていいの?今はPhotoshopやCGなどの技術で写真をいくらでも操作できます。絵と同じくらい信頼性がない、かもしくは、絵より「本物」っぽく見える分危険かもしれません。そういったソフトでの操作がなくてもカメラを持っている人は何を撮るか、またはなにを撮らないか、を選んでいます。
極端な例を出します。
136.jpg
(こちらの写真はhttp://oldphotosjapan.com/en/よりお借りしました。)
↑の写真は1890年代明治時代の写真です。色のせいでうそっぽく見えてしまいますが、色はとりあえず無視しましょう(^^)この写真は日本の家族の日常風景を写そうとした写真だというのがわかります。だけれどよく見ると、背景がただの垂れ幕であることから屋外ではなくスタジオで撮られらた写真だということがわかります。自然に見せるために父親と母親はカメラに気付いていないかのように目を逸らしています。つまり日本の家族をごく自然な姿を作った写真です。

こういった「日本の日常風景」を撮った写真はいくつもあります。こういった写真の買い手は、ほとんどの場合日本人ではなく外国人です。外国人のお土産用だったりしたんですねー。いわゆる外国人受けがいいように「自然」を演出しているんです。

この時代もうすでにこういった風景は日本にはなかったかもしれない。ほとんどの人が洋服を着ていたかもしれない。赤ちゃんをかごに入れている人なんていなかったかもしれない。外国人の「日本はこういうイメージだ!」という主観で撮られた写真なんじゃないでしょうか。カメラマンは外国人が見たいと思う日本を撮った可能性が高いです。現実とはぜんぜん違うのに。

これはたしかに極端な例です!だけど当時の日本に行ったことがない外国人はこの写真を見て「そっかぁ~これが日本か~」って思うかもしれない。でも現実は違う。誕生日会で家族全員で写真を撮る。みんな笑顔で写ってます。テーブルにはケーキがあって、ご馳走があって。その写真を見た他人は「仲よさそうな家族」「楽しそうな誕生日会」って思うかもしれない。でも現実にはその家族は崩壊寸前かもしれない。写真を撮る直前ケンカをしていたかもしれない。でもそんなことは写真からは伝わらない。写真を撮った人のとりたいと思ったものしか写真には写らないのです。

私はアート史の授業をとるまで「写真は真実だ!」って思い込ませられて育てられたなって思ってます。「真実」なんてそんな簡単に物体化できるわけない・・・・。広告とかで写真はよく使われていますが、やっぱりイラストよりも「本当っぽい」って思えてしまい信頼性があります。だから写真を信じすぎてしまうことはとても危険なことだと思うのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。