はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイ・トゥオンブリー

久しぶりですー。なんだか最近アクセス数増えてる気がするので嬉しいです~。それと同時に適当なことをかけないという責任感も感じておりますwww今までの全記事を見直したいのですが忙しいのまたこんど(うわ)このブログを読むときは「あくまで私の見解、私の感じたこと」と考えて、私が言っていることが正しいとは思う人は(いないと思いますが)思わないでください。

今日はサイ・トゥオンブリーについてかきます。友人から聞いた話では、この人は今ニューヨークでかなり人気らしいです。どこにいっても展覧会をやっているそうな。トゥオンブリーはネオダダのラウシェンバーグともジョーンズとも深く交流があった人物です。(前の記事参照)この方はまだ生きて今バリバリ活躍中です(^^)

cy1.jpg
Cy Twombly, Leda and the Swan1962

なんで今回このトゥオンブリーについてかこうかと思ったかいうと、この人の作品を見て

「うわw俺でもかけそう」

「むしろ子供にもかけそう」


といわれそうな例No.1だと感じたからです(^^)

まぁそうです。いってしまえばそうです。たしかに彼の絵画には技術はいりません。だからといって良さがないわけではありません。私も大学受験のとき何年かデッサンの練習をしてきたのですが、技術(写実的にかくちからとか)は練習してコツを覚えれば結構なレベルまで到達すると思うんです。正直「おまえ、絶対受験勉強したくないから美大にいこうとしているだろ」というひとが前の絵画教室にいたのですがその人も一年その教室に通っていたら結構上達していました。

というわけでなにがいいたいかというと技術がない(または使われてない)=駄目なアートじゃないと思うんです。というか技術よりも結局「何がいいたいか」というほうが重要なのです!(何が言いたいか、というのは単純に「光の美しさ」「ラインのきれいさ」から今の気分、政治的意見、哲学学的考えや言葉に表せないことまでそれら全部)

しかし!かといってキッチリさ、綺麗さ、丁寧さ、高レベル、技術力、理論とかが高く評価される(汚さ、緩さ、低レベル、てきとうさなどより)現代社会でいきなり「子供のらくがき」を見せられて「これはいい」というのも難しい(`∀´)おそらく技術のないもの=駄目 みたいな評価の仕方を小さいころから植えつけられているから(`∀´)だから仕方がないといえば仕方がない。

ですが、アート、とくに現代アートをみるときは技術あるないでみるのではなく純粋な気持ちで(果たしてそれはどんな気持ちなのかと説明しろといわれてもできませんが)見ることが大事だと思うのです。というか何も考えないほうがいいです(^^)いきなり理論的に考えちゃ駄目なんです。まずはただ目の前にあるものをそのままみるんです。そのあとに、いま感じたものは何なのか?と理論的に考え出すんです。これが意外にむずかしい。いきなり理論的脳をシャットダウンできるようになるのは練習しなければいけません。私もアートのよさがわかるようになったとき、いかにいままで理論的に考えさせるように育てられたかっていうのに気づきました。

たとえるなら自然をみるときのような目でみるんです。山登りにいって、頂上に達して上から見渡す山々、永遠に続く広い海、地平線、花の色の鮮やかさ、海に潜ったときに見るきれいな色の魚、滝の迫力をみて感動するように、そんな気持ちでただ感動するんです。何も考えず感動するんです。自然を見るとき別に技術のありなしとか、考えませんよね。ありのままの姿に感動します。
(といっても私は自然を見て感動するようになったのはアートを見て感動できるようになった後でしたw)

私もはじめ大学一年生のときにトゥオンブリーの絵をみたときは「なんじゃこりゃ」っておもいました。だけど2年後に同じトゥオンブリーの絵をみてとても好きになりました。
具体的にどういうところがいいかというと
1.緩さがいいです(^^)
ルネサンスやバロックとかのギツギツに遠近法が計算され陰影もがっちりした絵画を見た後に、トゥオンブリーをみるとすっごくすがすがしい(^^)気分になります。トゥオンブリーの空間は計算から程遠く、ほんとに開放的な空間をしているんです。
2.勢いがある
トゥオンブリーのキャンバスは大きいものが多く、絵の具の使い方がとても力強く筆をリズミカルにキャンバスの上に筆を走らせているので、見ていてとても気持ちがいい(ー▽ー)クヨクヨしてない!
3.純粋に絵を描くことの楽しさが描かれている(^^)
えんぴつもって、けしごむでけして、筆で絵の具をキャンバスにつけて、絵の具がたれて、こういった画材を使ったときのシンプルなおもしろさが伝わってくる気がします。絵かくのってたのしいよね!って



cy-twombly_convert_20100328051744.jpg
Cy Twombly, The Natural World, 2000-2007.

コンセプトでもおもしろい点はたとえば上の絵。まるで壁紙のようなデザイン。色も魅力的な水玉模様。模様と手で書いた筆跡のちがい、アートとデザインの違いについて考えさせられます。

052909_voc_cytwombly_half.jpg
Cy Twombly, "Note II", 2000-2007.

文字とただの筆跡のちがいについて考えさせられます。特に色合いがチョークボードに書かれた文字などを連想させます。なにが文字でなにがアート?普段は意味があるとおもわれている文字がくりかえされることで無意味に使われています。

美術館を一日中見回って、すっごく疲れたときにトゥオンブリーをみてみてください。きっとなんか開放的な気分にさせられます(*^^*)あとこのブログで良さがわからない!って思っても、本物をみてから決めましょう!!

P.S. ところで私はこのブログでの私の文章が「えらそうになりすぎていないか」っていうことを常に考えているんですが、どうですか?もしそうなっていたらごめんなさい。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ありがとうございます

amebloのせまい世界で遊んでます。現代アートをリアルタイムで紹介してくれているのは少ないのでありがとうございます。
時々拝見させていただきます

Re: ありがとうございます

ご訪問ありがとうございます。未熟者ですが、更新も不安定ですがこれからももっと現代アートについて書こうとおもいます!

トォンブリーやラウシェンバーグの作品は、「難解なままの方が都合の良い」人たちの難解な批評で、難解なままにされがちなんです。こんな風にわかりやすく紹介してくれると、とても嬉しいです。「偉そうに…」と言う人がいるとすれば、「俺の食い扶持を減らすな」と言っているんです。気にせず続けて下さいね(^_^)

〈歴史〉の記事を主に楽しく読ませてもらっています!
わかりやすくて冗談もたまにはいった文章で、一体どうしたら難解そうに見える現代アートがこんなに親しみが待てるようになるのかと驚いています ((((;゚Д゚)))))))
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。