はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知っておくと便利?

えっと、今日はいつもとちょっと違うことについて書きます。まったくアート見たことない人はこれを頭に入れておくとわかりやすいかも?っていうことを書きます。全く役に立たない!ということは大いにあり得るかと思います(^^)。ご了承ください。
「現代アート」とひとくくりにされてますが、アートはほんといろいろ存在していて、それを一口に説明するのはとてもむずかしい。どれも「見る」ことに根本があるのですが、アートによって楽しみ方(?)が違うと思うのです。私は、アートは楽しみ方によってだいたい大きく3つに分けられるんじゃないかなって思います。それを今回図にしてみました!

ドン☆

1.jpg
*3つのカテゴリーの名称は適当です

図が適当?美術系なのに?気にしない気にしない(^^)


・Visual(視覚型)

marlin.jpg
Joan Mitchell, "Maryln", 1960.

おもに視覚的に楽しむもの。見て「ああ、おもしろい」って思えるものです。
あまりに、深いこと考えずに見たほうがいいと思うものです。「あ、いい感じだな」っていう風に。でも、これは、結構「見る力」を鍛えないと、何がいいか、何がよくないか、ちょっとわかりづらいカテゴリーな気もします。とにかくいっぱい、見て、「見方」を知っている人がどう見ているかを聞いたら、ある日「あぁ、こういうことだったのかー」ってなると思います!。ちなみに私はたぶんこのヴィジュアルに重点を置いたアートが好きで、このブログで紹介しているのも、そういったアーティストが多いかと思います。油絵は比較的にこのカテゴリーが多いかと思います。



・コンセプチュアル(概念型)

conceptual
One and Three Chairs, 1965, is a work by Joseph Kosuth

理性的・頭で考えておもしろいアート。考えを文章ではなく、物体か、視覚化したアートです。ちょっと暗号を読み解く感覚に似ています。上はコンセプチュアルのかなり極端な例だとおもいます。本物の椅子があって、左隣に椅子の写真が置いてあって、その右隣に「椅子」の辞書にのっている定義をのせています。「同じ「椅子」なのに、全然違う物体だ」「写真の椅子は椅子ではなくて椅子の写真だ」などという「椅子」や私たちが何気なく使う物体を指すことばの意味を考えさせます。同じ「椅子」なのに全然違う!

・Experiential(体験型)

Bilbao-Guggenheim-Serra.jpg
Richard Serra, "A Matter of Time" at the Guggenheim.

最初これをヴィジュアルにいれてしまおうか考えたのですが、ちょっと違う気がするので別のカテゴリーにしました。大きすぎて目の視野範囲収まりきらず、なんか体全体で感じるアートです。インスタレーションや大きな彫刻に多いような気がします。もちろん大きな油絵でもこのカテゴリーにはいったりします。この体験型はとにかくほかの2つのカテゴリー以上に実際に見ないと、写真では良さがほんとうに伝わりづらいと思います。たとえば上の写真はサラのでっかい彫刻なわけですが、まーいってしまえばただのでっかい鉄板(^^)写真で伝わるほど視覚的におもしろいわけでもなく(ただのでっかい鉄板)コンセプトがおもしろいわけでもない(ただのでっかい鉄板)。でも実際に行って、まじかで見る、鉄板の重みや圧迫感を感じられます。また「落ちてくるんじゃないか」という身の危険も感じたりもします。こうしたドキドキ感はなかなか写真では伝わりづらいので、写真だけ見て「これのどこがアートなの?」って言う前に、実際に見てからにしましょう!!

もちろんこのカテゴリーはおおざっぱなもので、ほとんどのアートはこういったカテゴリーを全部少しずつとりいれつつ、どれかのカテゴリーに重点を置いていることが多いと思います。またまったくあてまらないアーティストもいます。

ひとつ例を出すと、

sf_lewitt_l_20100727071551.jpg
Sol LeWitt, "Wall Drawing #146",September 1972.

ソル・ウィットはのドローイングはいろんな中間の例かなぁって思います。ソル・ウィットはメモに何個かの指示を書きます。そしてその指示をもとにアシスタントがドローイングを完成させます。ソル・ウィットは実際のドローイングを作る作業にかかわっていないのですが、彼の指示通りにドローイングがあ作られるのです。ということは、あらかじめアーティストのアイデア重視のコンセプチュアルアートなのか?アーティストの役目とは?作品誰が作ったのか?ソル・ウィット?それとも実行したアシスタント?などの疑問が生まれます。また、指示通りに作れば何度でも同じドローイングができるわけなので「オリジナリティとは何か」などと問いたくなります!と、ソル・ウィットのアートはこのような疑問を生みだすコンセプトが重視かと思いきや、それだけではない気もするんですよねぇ。数行のことば指示から生まれたドローイング。完成するまでそのドローイングがどのようなものかアシスタントやソル・ウィット自身もわかりません(ソル・ウィットが実際にメモをもとに自分で試しが書きをしているのか、ちょっとわかりません)。ということは、ただアイデアがあってそれを実行する他に発見もあるわけです。完成図がはじめから決まっているような、いないような。これはコンセプトだけ重視のコスースとは違う気もします。また、完成されたものも、作られた壁や部屋を調和して、美しい!ということで、私はソル・ウィットはコンセプトと視覚の中間かなぁって思います。

いままでこのブログで紹介してきたアーティストをこのグラフに入れてみました。
graph2.jpg

見づらいですね!敬称略

ムラサキ(視覚重視)=ファフ、ジー、デ・クーニング、トゥオンブリー、メヘルー、ラウシェンバーグ
オレンジ(視覚とコンセプト重視)=シルエット
ピンク(コンセプト重視)=シカゴ、ウォーホール、コスース、村上
空色(コンセプトと体験重視)=ジャッド、クリスト、スミスソン
黄緑(体験重視)=サラ
青(体験と視覚重視)=草間
赤(例外)=ジェンセン

もちろん作品によって、何に重点が置かれるか、は違ってきます!!改めて見ると、サラ・ジーとジュディ・ファフをもっと体験型と視覚型の中間地点にすればよかったと後悔。例外の例(笑)はセオ・ジェンセンかなとおもいます。見てもおもしろいし、想像力はすごいなーって思うんですけど、やっぱりなにより、技術に感動するので、三角形の外に書きました。どうでしょう・・・・これでちょっと現代アートわかりやすくなりますでしょうか・・・私がこういう風に習ったわけではなくて、なんとなく思いつきなので、あまりこれだけを信用しないように、お願いしますwもっと違うカテゴリーの分け方もあると思いますので。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちわ。シッタカブリアンです。
とてもわかりやすく、丁寧に書かれているので
感心しました。
今の美術の教科書は見た事ありませんが
僕らの当時はそりゃもう
現代美術なんてちょっろっと…。
現代美術が好きなのは、さまざまなタイプのもの、
表し方のものがあって、それぞれに
楽しみ方が違うということ。
これ読んで、なるほどなぁ…と。
僕なりにもっと勉強せねばいかんなぁとも
思いました。

Re: タイトルなし

>シッタカブリアンさん
こんばんわ。分かりやすいって言っていただけて光栄です!!これ書いて意味があるのかあ??みんな知っていることなんじゃ??って心配だったので、そう言っていただけ手本当に書いてよかったと思いました。私も高校の時にとった美術史の授業は、「現代」と呼べるところまでたどりついたかどうか。今度現代美術の教科書あったら見てみたいです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。