はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

各国別で一番好かれる絵画

皆さんお元気ですか。私は最近ちょっと沈みぎみです。将来がとても不安になってきました(^^)

年初めに書こうと思っていたのですが、コメントや拍手とても励みになります。誤字脱字それにくわえて文法もおかしくて読みづらい記事ばかりなのに、それでも拍手やコメントをいただけて本当にありがたいです。三日坊主の私がここまで(だらだらではありますが)長くブログを続けられるの皆様のお陰です。ありがとうございます。

おもしろいウェブサイトをみつけたのでそれについて書きます。
まずこのふたつのページをみてください。↓

http://awp.diaart.org/km/surveyresults.html

http://awp.diaart.org/km/painting.html


コマールとメラミド(よみかたが違うかもしれません。英字表記だとVitaly Komar and Alex Melamid)という2人のアーティストが1994年からはじめたアートプロジェクトです。いろんな国の人に「どういう絵画がすきか?またどういう絵画が嫌いか?」というアンケートをとってその結果に基づいて油絵をつくりました。
質問内容は「どういう色が好きですか?」「現代アートと伝統的なアートどちらが好きですか?」「室内と室外どっちがいいですか?」など、あとは答案者の年齢や年収を聞く物まであります。

上のアドレスがそのアンケート結果で下がそのアンケート結果に基づいた各国の最も好かれる絵画(左)と、好かれない絵画(右)をアーティストたちが作りました。

みてわかるのですが、好みが著しく偏っているのです。
多くの国は

青という色が好き、
風景画が好き、
やわらかく曲線が線、
ふで跡が好き、

抽象絵画が嫌い、
四角い形が嫌い、


ということが分かります。(例外はあります)さてアンケートの結果をすべて信じてしまっていいとはいえないのですが、おもしろいですよね。日本がないのが残念です(^^)。おそらく似たような結果になる気がするのですがどうでしょう?「アニメの絵と写実的な絵どっちが好きか?」とかもアンケートに組み込めたられたらおもしろいと思うんですが!

いろんな解釈ができるかと思います。
アンケートの結果を仮に信じるとしましょう。好みは自由のはずなのに、どの国の人の好みはほとんど同じ。これはなにを意味しているのか?

青色や曲線のほうを好むのは生物学的理由があるかもしれません。しかし、ほとんどの国の好みを統計すると19世紀から20世紀前半の洋画のになるのは遺伝的なしくみだということは非常に考えにくい。

環境がそうさせているのか?実はえらい人の好みを小さい頃から植え付けられているのではないか?もしも小さい頃から現代アートをみる機会が多ければこういう結果にはならないのだろうかとか。未だに多くの展覧会に飾られることが多いのは印象派までの絵画なような気がしますし、高校のアート史もピカソくらいまでしかいかなかった気がします。(私の高校は)また親が現代アートをみる機会があまりないし、習ったこともないから子供に現代アートを見せようと思うことがないことも影響しているのか。もしそうであれば「好み」は伝承されていくものなのか。だとしたらアート教育はもっと現代にあわせるべきじゃないの?とか。

むしろ逆かもしれない。このブログのタイトルでもあるように現代アートを楽しむためにはそれなりに勉強は必要なのかもしれません。だとしたら実はアンケートは大衆の本音でだととらえるとアートはなぜ大衆の望みに答えない?なぜ大勢の人が望むアートをアーティストはつくらないのか?むしろ現代アートにかかわる人が意味もなく好かれるアートを毛嫌いするように教育させられて理解できないものを作っているのか?なぜ誰も理解できないし、美しくもないアートを作る意味があるのか?

そう考えるとアート界はおかしな世界なのかもしれません。マーケットは需要を供給。需要がないものをわざわざ作っているのですから。

前回のアートとお金の記事に関連づけると、好まれることだけを目的とするとみんな同じような絵画を作ることになるかもしれません。ましてその「好み」が自分のものではなく、だれかの好みを植え付けられたものだとしたら、、、、?

Roses_for_Stalin_by_Vladimirskij_convert_20090419025050.jpg
Boris Vladimirski,"Roses for Stalin"(スターリンに花束を) 1949

ここでちょっと歴史(?)を挟みます。コマールとメラミドはソビエトで生まれました。1974年にほかのロシアのアーティストらと展覧会を開きました。のちにBulldozer Exhibitionとよばれます。展覧会中にブルドーザで警察(政府)が展覧会を壊したからです。ソビエトの公式絵画スタイルは上の絵のような社会主義リアリズム。写実的で社会主義をたたえるスタイルだったのですが、その展覧会の作品はそれにそっていなかったのです。「好み」が政府によって制限されていたのです。コマールとメラミドはのちに自由の国アメリカで「民主主義」らしいアンケートという形式で大勢の人の好みを反映した絵画を制作したのですが、いろんな国の人がほとんど同じような絵画を好むことがわかりました。さて、これは何を意味しているのでしょう?(^^)

アンケートの結果をみて、私はとまどいいます。どううけとめればいいかよくわかりません。ただ好みというのはどこからくるかよくわからないなーって思います。だからアートで「好み」を問いかけるようなアートが作られることも大事なアートのつとめだと、だから売れるものを作るだけじゃだめだと、いまなんとなく思ったりしなかったりしました。だからはじめは「嫌い」「わからない」って思っても、「わかろう」という気持ちは大事だと思います。今後資金が集まったらまたアンケートの範囲を広めるようです。ぜひ日本でやってほしいです(^^)

なんか今回の記事、疑心暗鬼になるような書き方ですね!ごめんなさい。ちょっと今くらい気分が影響しているのかもしれません。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。