はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Cecily Brown セシリーブラウン

皆様こんばんは。お元気ですか。私は元気じゃないです(また)
でも先日ちょっといいことがありました。ありがたいことに展覧会に参加させてもらえることになりました。結構大きめなスペースをいただけるみたいなので楽しみです。と同時に恐ろしい。うまく展示できたら写真も乗っけてみようかとちょっと思ってます。いろいろはじめてでどうなるかまったく分かりませんw

最近コンセプト重視な記事が多かったと思うので、ヴィジュアル重視な作品を紹介します。私はやっぱり見て感じるアートが好きです。言葉にあてはめられない/むずかしいことがアートであ自然にできてしまうのが良いと思うのです。

セシリーブラウンというアーティストについて描きます。彼女の絵の具の使い方がとにかくすばらしい!
Cecily-Brown_CecilyBrown01.jpg
Cecily Brown, "Couple", 2003

絵の具がものすごくセクシーな使い方をされていると思うんです!人物や自然という具象をほのめかしながら、絵の具らしさを損なわれてません。またみてわかるように、絵の中身はちょっとエロティックな題材を描いてます。裸の男女が森の中でいちゃついています。その甘~いエロスの雰囲気と絵の具の材料としてのセクシーさと、遊び心満載な筆跡がうまくマッチしてると思うんですよね!絵の具が具象と抽象が溶けこむように、男女の二人もとけ込んでいくというか(^^)!(言ってて恥ずかしい!)


cbrown_5.jpg
Cecily Brown, "High Society", 1998

彼女のひと昔前の油絵は抽象表現主義、とくにポロックやデクーニングをおもいださせる筆使いや画面の構成の仕方です。前かいたかわかりませんが抽象表現主義の特徴のひとつの画面全体的に覆われる激しくて力強い筆跡には、ステレオタイプ的なものがあって、白人でマッチョで強い男(ゲイはだめです)(また彼らが優位であるという考え)=抽象表現主義 みたいな関連づけが近年されたりします。抽象表現主義全盛期だったころ女性やほかのセクシャリティやほかの人種の人の作品は有名になりませんでした。そうしたひとたちは白人男性ほどすばらしい抽象表現主義のアートは作れないと思われていた時代だったんですね~。
写真では見づらいのですが、このブラウンの作品をよくみると、何人ものマッチョの素っ裸の白人男性が絡み合っています。抽象絵画と具象絵画というカテゴリーのあいまいさを訴えると同時に、抽象表現主義を皮肉っているようにみえます。絵の具ってすっごく魅力的な材料だとおもうんです。色も鮮やかで乾いても塗ったときと色があまりかわらないし、人間の皮膚のような生々しさがあり自然と目をひきつける材料に思います。上の絵は「わぁ。きれい」と思って絵の具に誘惑されてて画面に近づいたら男性の性器とかが描かれていることに気付くんですw「うわぁきれい」→「おえ~~」っていう一連の流れがちょっとおかしい(^^)


d72dbeff.jpg
Cecily Brown, "These Foolish Things", 2002

さて、1990年代の絵画に比べると2000代の絵画はふんわりしていますね!
まだエロティックな題材は残っていますが独特な女性的な表現がされて興味深いように思います。エロスを題にしたアートはグロテスクだったり、リアルだったり、ショックさせることが多いと思うんですが、ブラウンの描くエロスはすごくさわやかで、ふんわりとしていて、また描写も具体的ではなく自然で、エロティックな雰囲気が描かれているように思います。それがすごくめずらしい気がするんですよね(^^)

cbrown_3.jpg
Cecily Brown, "Teenage Wildlife", 2003

また画面の中で描かれている二人の人物が感じているもどかしさを、筆跡や画面目の前の木々で二人の人物を見せたり見せなかったりすることで観覧する人が「みたい!」と思うのに見えないもどかしさとつながげていると思います。二人を包み込む木々がその二人の親密な気持ち?雰囲気?をいっそう高めてくれ、幻想的でちょっと悪いことをしているようないたずらな雰囲気を出す役割もしているとおもいます。

もっと見たい方はこちら↓

http://www.gagosian.com/exhibitions/2008-09-20_cecily-brown/#/images/2/
http://www.gagosian.com/exhibitions/beverly-hills-2003-02-cecily-brown/#/images/2/

ぱっと見「きれい!」と感じる作品をどんな風にきれいか?なぜきれいだと思うのか?と問いていくて、ただきれいなのではなく言葉では表せないいろんなものが伝わってくると思うんですよね~。みることは楽しいです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 現代美術

初めまして。コメントありがとうございます。
感想おもしろいですか!?そういっていただけると安心します(^^)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。