はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近はまってるアーティスト

ツィッターがつづきそうにないのにやめました。せっかくフォローしていただいた方には申し訳ないです。かわり(?)にザ・インタービューズというのに登録してみました。これはなにかというと登録するといろんな人に質問して答えてもらうシステムです。気軽に突拍子もない事を何でも聞けて楽しそうです。そちらでアカウント持っている方ぜひ仲良くして下さい。http://theinterviews.jp/saboritai/interview

最近おもしろいと思ったアーティストを3人くらいいるのでまとめてかいてしまいます。いつもはギャラリー20個くらいって気に入る作家が一人いるかいないかくらいなのでかなりラッキー(^^)。気に入ったらぜひウェブサイトを見に行って下さい。

Judy Simonian
Twin Plateaux-large
Judy Simonian, "Twin Plateaux".

IcyBlue-l.jpg
Judy Simonian, "Icy Blue Trail", 2010.

とにかく色がすごく鮮やかで美しい。パソコンのモニターでは伝わらないまぶしさがあります。魅力的でもっと見たいと思うと同時にあまりのまぶしさに目を背けたくもなく不思議な色使いです。風景画をかく人はたくんさんいます。そのなかでこんなに風景画という物が新鮮に感じさせてくれる作品で出会ったことにびっくりしました。

http://www.judithsimonian.com/index.html

Katherine Mann
Eldorado.jpg
Katherine Mann, "El Dorado", 2009.

untitled.jpg
Katherine Mann, "Untitled", 2010.

私のブログを前から読んでいる人は分かると思いますが、私は柄がはいった作品でものがごちゃごちゃしつつちゃんと画面が構成されている作品が好きです。この人の作品はもろ好みという感じです(^p^)ウェブサイト見ながらよだれがたれそうになりました。勢いあるダイナミックな構図と繊細な書き込みとのコントラスト、柄に柄を複雑に重ね合わせつつうまくまとまった感じが好きです。全作品を通して基本的な材料は紙、アクリル、版画、インクとそこまで変わらないと思うのですがどの作品もそれぞれの個性があり見ててあきません。

http://www.katherinemann.net/

Petah Coyne
3091108913_f92d17601e-1.jpg
Petah Coyne, "Untitled", 2007–08.

バラと鳥の剥製をつかったインスタレーションを作るアーティストです。いい意味で中二病全開の作品(^^)!中二病万歳!なんとなく日本の女の子に人気が出そうなアーティストだとおもいます。気味が悪いのか美しいのか、生きているのか死んでいるのか、力強いののか尊いのか。生き生きした動きの動物をみるとまるで時間が止まったかのような錯覚を覚えます。彼女の作品は全作品を通して「死」の雰囲気がただよっている気がします。

このサイトはギャラリーのサイトなので少々見づらいです↓リストの一番上にあるPetah Coyneをクリックして下さい。
http://www.galerielelong.com/artists/


拍手のお返事です。
>はるさん
このブログは私のように現代アートわからない!とおもっているのにもかかわらず美術系にすすもうとしている人にぜひ読んでもらいたいと思ってはじめたのがきっかけだったので、はるさんのようなコメントを頂けて嬉しかったです。美大受験苦しいこともあると思いますがたまに息抜きしつつ頑張って下さい。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Katherine Mannの"El Dorado"、とても素敵ですね。

Re: タイトルなし

すてきですよネーーー。
カートゥーンのポップな形が重ねられて、浮世絵のようなアジアンな空間構成されているのがおもしろいです。あと色がいい!

青い雪の風景画がとても印象的でした。
実際、日陰の雪ってあんな風に見える気がします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。