はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒と白の世界

前回の記事で拍手について書いたせいか、いつもより多くの人が押してくれていて、嬉しいやら申し訳ないやら、、!けして「押せよ!」といいたかった訳ではないんですが、ブログは基本的にコミュニケーションが一方通行なので、拍手とかコメントとかで反応がもらえると参考になりますし、嬉しいです。ありがとう。でも無理なくていいんだからねっ!

さて今回は適当に私が気に入った3人の作家のモノクロ作品をあつめて語る事にしますwモノクロという点以外で特に共通点はありません。めずらしく写真家もいるよ〜

Ralph Eugene Meatyard
6a00d83451ebab69e2016766a10a3d970b-550wi.jpg
Ralph Eugene Meatyard, “Untitled", 1968.
Untitled-date-unknown-G36423-600x601.jpg
Ralph Eugene Meatyard, "Untitled", date unknown.

ミートヤード(名前もおもしろいですよねw直訳すると肉の庭!)といえば子供に不気味なお面を着けて写真をとることで有名です。本業は眼鏡技師で奥さんや自分の子供をモデルにして撮影しました。日常的な風景をお面やちょっとした置物、構図、カメラのレンズを駆使してファンタジックで少し不気味な世界に変身させます。上記二枚の写真では分かりづらいですが、写真の構図がすごくクリエイティブだなぁと感心します。題材になる物は、人、庭、お面、家、人形くらいしかないのにもかかわらず、同じ物の繰り返しとは思えないほど撮り方のバリエーションが豊富です。彼は写真界ではどちらかといえばアウトサイダーアーティスト(美術教育をうけないで作品を作るアーティストの事)にはいるらしい。ウェブサイトはないので、是非名前でグーグって見て下さい。

Michael Mazur
Canto_I.jpg
Michael Mazur, "Canto I, The Prologue", 1999.

マイケル マザー(でいいのかな?)の版画は不気味さと同時に神秘的ななにかを感じさせます。ダンテの神曲、第一章「Inferno」(地獄に旅する話だったはず)の挿絵に上記を含む数々の版画を作成しました。白と黒は光と影を表すのに最適で、だからこそダンテの死後の世界を題材にしたこの版画のシリーズは効果的だったんじゃないかと思います。

mindless400.jpg
Michael Mazur, "Mindless", 2007.

マザーは他にも印象派っぽい鮮やかな色を使った油絵もかいているんですが、私は彼の黒と白の作品の方が断然が好きですw 上の油絵は黒シリーズのひとつ。程よいダークさがあっていいですよね。もっと版画をみたいかたはこちら↓

http://fisher.usc.edu/exhibitions/the_inferno_of_dante.html

Stephen Iriwin
*以下のアニメは絵は可愛いですが動物に対して残虐表現があるので注意*

Stephen Irwin, "Black Dog Progress",2008.

ストーリーの伝え方は一本道じゃなくていい。最初何が起っているか訳わからないけれど、少しずつじわじわ一つひとつのパネルがかわっていくにつれて、話の展開が見えてくるのがおもしろいです。物語の伝え方はいろいろあるよなぁと感心させられます。また音楽もすごくはまります。物語が初見だと分かりづらいかもしれないので簡単に書くと。親が子供に犬を買い与えたのはいいが、子供が犬アレルギーのため犬が捨てられてさまざまな困難にあう救いようのない話です。

それではまた今度。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめ【黒と白の世界】

前回の記事で拍手について書いたせいか、いつもより多くの人が押してくれていて、嬉しいやら申し訳ないや
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。