はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートを勉強して気付いた事

今更ながら、このブログを始めたきっかけなんかをたらたら書きます。
私がはじめてアメリカの現代アートの授業をとったとき、「この人たち、英語じゃないなんかの言語でしゃべっているのか?」というくらい意味不明でした。聞こえてくるのは英単語なのに、まるでしゃべっている内容がわからない。意味不明な絵を見ながら「あーでもない」「こーでもない」と長々と議論しており、「この人たち、私には見えない何かを見ているんじゃないか、、?」っとおもいながら絵とにらめっこしていました。でもいくら抽象的な絵画とにらめっこしところで何も分からないし、見えてこないし、いいとも思わない。

現代アートはひとつの言語のようなもの。どの学問の分野にも言える事ですが、その学問の言語(基礎知識)を学ばないと一般の人からみたらチンプンカンプンで、現代アートもその例外ではない。ただその言語さえ学んでしまえば、会話にはいれるようになります。しばらく現代アートを勉強したり、見たりしていると、それとなく作品が何を言っているのか不思議と読み取れるようになるのです(全部じゃない)。英語を勉強して、ある日映画館にいって字幕なしでもハリウッド映画が理解できるようになったみたいに。はじめて海外に行って、自分にとっての「普通」「あたりまえ」「事実」が世界共通の事実じゃないとわかったときのように、現代アートを勉強してから世界の見方が変わりました。

現代アートを勉強して気付いた事がいくつかあります。ひとつは、今の現代アートの世界では美しさは作品のすばらしさや価値と直接結びつかないことです。むしろ世間一般の言うただ「美しい」だけの作品を作るのは簡単だ、という認識があるように思います。「美しさ」を追求するのは芸術ではなくてデザインの領域になってしまったのかもしれません。もう一つは、作品としての質の良さと、それが好きか嫌いかというのは、別だということもわかってきました。「この作品あんまり好みじゃないけど、かしこいし評価される理由もわかる」という風に好みだけに左右されない物の分析力を身につけることができました。逆に「この作品の見た目は好みなんだけど、、、内容がないから好きじゃないなぁ」って思う事もあります。

20102251043952.jpg
Mark Rothko, "Grey and Orange", 1960.

ものすごい高額のマークロスコ(Rothko)の絵画が売っていたとします。そんなの誰でもかけるし色が地味だし好きじゃない、と思ったとします。(ちなみに私はロスコが作品によりますが、結構好きです)でも、高額で取引される理由と人の好みはほとんど関係ないんです。個人的な意見ですが、「好き」か「嫌い」で物事を決めていたら、人は「慣れた」ものを選びやすいのでいつまでたっても似たような作品ばっかり誕生してしまってつまらない。ロスコのカラーフィールドペインティングを発表したのは1960年代。技術や3次元の再現をすべて捨て、新しい表現方法を登場させて、その後のアート界の方向性をいかに左右してきたか、ということかが評価されているからこそその値段がついているのだと思います。今でこそ平面的な絵画は増えて、そういう絵画も好きという人も増えてきましたが、そもそもロスコや他の1960年代に活躍した抽象表現主義のアーティストがそういう表現を促進してこなかったら、今「リアルな絵画と抽象的な絵画どっちが好き?」という質問さえもでてこなかったのかもしれない。それまで存在しなかった選択肢を良しとする感覚、新しい感覚を作り出すことはすごいことじゃないでしょうか。

一見ゴミに見えるようなアートかもしれないですが、どっかの誰かが時間と材料費を欠けて誠心誠意をこめて売れないのに、自分が「いい!」と思ったものを作っていることを思い浮かべてみましょう。残念ながら、ただ有名になりたいだけ、お金を作りたいだけ、観覧者を怒らせたいだけ、のアーティストももちろんいます。でもその人たちは少数です。ほとんどのアーティストは全然作品売れないですし、誰にも評価されないかもしれないのに作品作っている訳です。本気で現代アートが好きで、現代アートに何か信じる物があってアーティストやっている人がほとんどだと思うので、すぐに嫌いだと思わずちょっとわかろうとしてみてくれたら、作っている側の人間として嬉しいです。

私も現代アートで死ぬほど嫌いな作品もあります。アート界のトレンドが気に食わないときも多いです。本気でも気持ち悪いと思ったり、本気で怒りたくなる作品もあります。でも、まぁまぁ、まぁ好きでも嫌いでもない、まぁいいんじゃない?程度の中途半端な物がこの世の中で溢れる中、本気で好き!とか本気で嫌い!って思わせてくれるアートが私は好きです//毎日同じ事の繰り返しで何も感じない毎日の中で、プラスの感情もマイナスの感情も与えてくれる。特にマイナスの感情を感じる機会ってどんどん減っていっている気がするので、アートは私を怒らせたり気持ち悪くさせたりうつな気分にさせたり訳が分からなくて混乱させてくれる貴重な物です。物事の価値が有益か無益か、理論的かどうかで善し悪し判断される事が多いけれど、それだけじゃ計れない価値もあると思います。経済的には無益で、理論的に考えてただ時間と材料の無駄でも、アートだけじゃなくて、演劇も、音楽も、映画も文学も、ゲームも、アニメも、マンガも、感情に訴えかけて夢中にさせてくれるものはすごく大事!その感情に一番リアルに訴えかけてくれるものが私の場合たまたま現代アートだっただけで、それが他の分野より難しいとか優れているとか、そういうことをいいたいわけじゃないです。

現代アートが嫌い!詐欺じゃないの?と思っていた頃の気持ちを忘れずに、現代アートのおもしろさを伝えられたらいいなと思います。解説ではなく、読書感想文ならぬ観覧感想文です。最初の方の記事は、正直まだよくわかってない頃に、一生懸命調べまくって書いた記事なので読まれると恥ずかしいです//一応残しておきますが、今とは意見が変わっていたりもします。いつも読んでくれてありがとう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし

>chocolatさん
はじめまして!共感していただけて嬉しいです。別の国でも同じような経験されているんですね。現代アートの授業、最初の2−3年間くらい意味分からず、なんとなく周りにあわせてそれっぽい事いったり書いたりしていた覚えがあります。でもあわせていたら、いつのまにか分かるようになってきました。現代アートの授業最初はむずかしいと思いますが、絶対勉強しがいはあるので楽しんで下さい!私もまた授業受けたい。

このブログほんと好きだわ~

勉強になります

偶然出会ったこのブログ、たまに勉強させてもらってます
美術、全くのシロートですが何故かここ数年で美術館が好きになった40の父親です

現代美術が今の世を表している、なんて大げさでしょうか?
これからも末長く学ばせて下さい

はじめまして、色々調べていたらこのサイトに出会いました。
アメリカのとある美術大学にこの秋から通っている学生です。
過去の投稿を拝見されていただきました。
とてもわかりやすく、共感できることが沢山あり、とっても励みになりました。
私もまだまだ知識不足で、授業についていくのがやっとですが、
奥深い美術史は結構面白いんだ、と驚いています。
わけわからないものが題材のときもありますが...

これからも投稿楽しみにしています!

はじめまして。
現代アートに触れた人が誰でも感じる漠然とした「なぜこれが価値あるアートなの?」という疑問の答えをやさしい言葉でわかりやすい表現で文章にしていただきありがとうございます。
私もずっと「私」が「好き」にもなれず「美しい」とも感じないデュシャンの『泉』がなんで価値のあるアートなのか、とずっと疑問でした。
現代アートの入門書を読んでもピンとこなくてネットをうろうろ探しているうちにこちらにたどりつきました。
おかげさまで心のもやもやが少し晴れた思いです。
他の記事も読ませていただきゼロから少しづつ勉強したいと思っています。
よろしくお願いします。

はじめまして。

価値感と価値って違いますものね。

美術では歴史的背景とかも重要なようですし。

でも、そんな歴史上に残るような作品に対するパロディーみたいなのにも価値が与えられたりって、けっこうありますものね。


すごく記事面白いですので、楽しみにしています!!
























朝トイレにいったら、マルセルデュシャンがいた

頭の中はジャクソンポロック

外にでたらルネマグリットな気分    そんな日もあります。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

このブログに出会ってうれしいです!

タイトルに惹かれブログ拝読しました!私もアメリカで現代美術を学んだ一人です。読ませていただいて「うん、そうそう」と何度も頷いていました。これからも投稿楽しみにしています!

…妙な段階で、ボードリヤールの「芸術の陰謀」を読んでしまいました。
芸術の終焉を叫びながら、ずーっと業界が維持されている茶番劇が現代アート世界だと言うような内容で、彼自身が業界の重要な文脈構成に援用されているだけに
ショックを受けました。

なんというか、実際にアーティストとして生きて行くには業界のインサイダー達(批評家や研究者やギャラリスト、学芸員)に対して訴求力を持たなければならないと思うのですが、そうなると彼らが受けてきた教育のように理論が重視される場面が小さくないはずなので、純粋に創作意欲にまかせて作品を作る訳にもいかないですよね?

理論を全く度外視した場合、それは美術教育を受けていないと言う意味でアウトサイダーとされるアーティスト達となんら変わらないのではないでしょうか?

以前、日本のテレビ番組でリオ・コイケと言うNYで活躍するコメディアンを知ったのですが、彼はアメリカで「受ける」にはアジア人である事を強調したネタが必要だったと語っていました。例えばモンゴロイドの特徴である頬骨が高い事や、韓国系アメリカ人のクリーニング店経営が多い事を引用したような内容。
それは、現代アートにも言える事でpower100やartfactsなどでランキング上位に
入るような非白人系アーティストの場合、村上隆やYinka Shonibare MBEなどのように自国独自の文化や政治的背景や歴史を取り上げて殊更非西洋的な物をプレゼンしなければ「受ける」事にはならないように思います。
これも一種のアウトサイダーアートですよね。

現代アートと言う枠組みで物事を考えると、自分の創作意欲がどんどんつぶされていくような非常に窮屈な感じを覚えています。

ありがとう

中学の美術の非常勤講師です。

ただただ
この文章を書いてくださって
ありがとうです。

もう少し生きていけそうです。

現代美術だけに限らず、古典的な美術作品もチンプンカンプンだった私には勉強になりました。ありがとうございます。

トラックバック

まとめ【アートを勉強して気付】

今更ながら、このブログを始めたきっかけなんかをたらたら書きます。私がはじめてアメリカの現代アートの
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。