はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ろくでなし子さん逮捕について書こうとしてやめた

2015/1/6 追記でコメントの返事を書かせていただきました。

ろくでなし子さんの2度目の逮捕について、いろいろ思うところがあり、猥褻の定義とは、エロスは時代で変わる、刑法175条と表現の自由、など長ーい文章にまとめはじめたのですがやめました。そんな文章ネットにいくらでもあるので、かわりに私の大学院の思い出の日記でも書こうと思います。

ろくでなし子さんについて知らない方はこちらへ:
http://newsphere.jp/national/20140725-6/
http://www.asahi.com/articles/ASG947WFSG94UTIL061.html
http://youtu.be/A5qq4cXoR9w
ーーーーー

大学を卒業して、私はフィラデルフィアにある大学のアート修士課程に入学しました。大学時代4年間、イリノイ州のコーン畑の真ん中のど田舎町ですごした私にとってはフィラデルフィアはかなりの大都会。大学院ですごした2年間は、私の人生の中で最も刺激的で、狂っている人に会い、楽しかったです。

忘れもしない大学二年生最初のプレゼン。学部全員が自分の作品をパワーポイントにまとめて教授やほかの生徒に発表するというもの。そのとき1年生に会うのははじめてのことで、みんなどんな作品を作るかも知りませんでした。1年生の一人にタラちゃんという写真家の女性がいました。彼女はがっしりした体系で身長は低くめ童顔で笑った顔が子供っぽいので若く見えるのですが当時30代半でした。彼女のことを有名なディズニーキャラクターに例えるならプーさんに似ていました。
pooh.jpg

彼女の発表の番になり、彼女が自分のUSBをパソコンにつなげ、パワーポイントを起動させました。彼女のウェブサイトが現在は落ちているので、実際の作品をそのままお見せできないのが残念ですが、かわりに私のつたない説明文と絵とネットからみつけた適当な画像で、そのときの作品を再現したいと思います。

まず、カメラのアングルは若干下からの構図です。

1_20141215015741ddd.jpg


テーブルの中央に5段くらいのシャンパンタワーがあり

TOWER2.png


そのシャンパンタワーの上に、下半身を露出させて足を広げて立って人がいます。

3_20141215015437110.jpg



その人が大きなビール瓶を片手で持ち、がぶ飲みしています。

4.jpg



よく見ると足の間から黄色い液体を表していると思われる線が出ており、シャンパングラスの液体の正体が分かります。

5.jpg



その足を広げている人物は、そのとき発表会をしていたタラちゃんでした。

6.jpg

最初の自己紹介で大きなプロジェクターから大画面で自分の下半身さらけ出したタラちゃん。一人のクラスメイト(男)が「こんなのアートじゃない」とか言って、怒って教室を出ていきました。しかし、タラちゃんは何事もなかったかのように淡々と発表を続けています。その時私は思いました。

なんてかっこいいんだ...たらちゃん!!

このときえらく感動したのを覚えています。帰国子女と言う少し変わった生い立ちとはいえ、中学校と高校一説によると一番感受性の豊かな時期にメディアでは美人で若くて可愛いおしとやかに笑う天使のような女性がもてはやされブスなんて存在しない生きる価値あるの状態の日本という国のしかも女子校で教育を受けたサラリーマンの父と専業主婦の母といった昭和時代の理想的な家庭に育てられたごく普通の一般ピープルウーマンだった私にとって、タラちゃんの存在は衝撃的でした。アート作品そのもの事態がすばらしいとお思ったというより、恥ずかしがらず自分の体をさらけだし、社会の常識にとらわれない、力強いタラちゃんのアクションに感動しました。そしてたらちゃんが大好きになりました。

しかし、実際一学期早々にクラスメイトの下半身、しかも若干下からのアングルで大画面で見るというものはけっこうエグいものがあります。でもそのときのタラちゃんの写真作品は今までみてきたどんなギリシア彫刻、油絵、映像、写真、ポスターよりも、女性の体をリアルに考えさせてくれました。女性がみんなあんなポルノスターみたいな美しい体してないし、そういう体してないからって人に見せちゃいいけないわけでもないし、女性の体そのものがエロいんじゃなくて見ている人がそういうフィルターかけているんだよなぁ、とかいろいと考えた訳です。

みんなが体を自由に場所をわきまえず裸になっていい世の中にしたいとかいっている訳ではないです。ろくでなし子さんも、いやがる人に無理矢理自分の体を見せた訳でもないじゃないですし。タラちゃんの写真のように人の下半身だからってからならずもエロスになるとは限らないし、逆に無機物(ニーソックスとかね)にエロスを感じる人もいます。

タラちゃんやろくでなし子さんのような女性が世の中にいると私は安心します。彼女らの行動を批判する人がたくさんいることも知っています。でも、彼女は別に人の気分を害したくてやっているわけではなく、訴えることがあるから結果的にああいう行動に出ていると思うのです。行動だけをみて批判するのではなく、その行動に至ったまでの経緯や考えを理解しようとしてみたほうが有意義だと思います。刑務所に入ってまで訴えたいことってなんなんだろうって。

どうあがいても他人の気持ちや苦しみを完璧に理解することは不可能だと思います。私がいくら脳内でイメトレして、いくら人の話を真剣にきき、いくら文献をよんで、いくらドキュメンタリーをみても、男として生きる辛さや、ずっと黒人差別を受けて育った人の気持ち、同性結婚がしたいけどできない人の気持ちを、などなど他人の気持ちは完全に理解することはできないです。結局自分のことと自分の育った環境のことしかわからないんです。だからこそ自分には理解できないこと、見慣れないこと、びっくりしたことは、否定から入るのではなく、できるだけ一生懸命耳を傾けるように努力したいです。どうせ本人にしか本人の苦しみは分からないんだから!何か辛いことがあってそれを訴える人がいたら、我慢しろ、みんな我慢している、って言うんじゃなくて、みんなも辛いことを言い合ってお互いを許しあう緩〜い世界になればいいと思うよ。

最後に素敵なおばあちゃん、ルイーズ•ブルジョワさんの写真でお別れです。
LouiseBourgeois
Robert Mapplethorpe, "Photograph of Louise Bourgeois," 1982

コメントの返事をさせていただきます。

名無しさん>
こんにちわ!私が見てきた批判意見は感情的なものばかりで、とても冷静な反対意見がいただけて光栄です。ありがとうございます。しばらく考えました。反論ではないのですが、私の反応を書かせてください。

「女性器はわいせつ物である」という世界など、そもそもどこにもありません

これは本当かどうか私は分かりませんが、興味深い意見だと思いました。

彼女の言い分が、いわゆるモザイク利権の日本の警察に宛てたものか、ポルノ産業なのかがハッキリしない事も、いまいち彼女自身が問題の本質が分かっていなくて、ただの話題作りなんじゃないのかと疑われ嫌われる点でもあると思います。

彼女のインタビュー、記者会見、彼女自信の作品を説明するyoutube映像、を見て私の意見を述べさせていただくと、彼女のメッセージは、モザイク権利とか、ポルノ産業を標的にしたものではないと思います。もっとテーマは大雑把なもので「女性の権利向上」であり、私は彼女の作品はフェミニストアートだととらえています。

メジャーポルノのメインスターは女性であり、ポルノ産業のメインターゲットは男性である、というのはみんな同意できるかと思います。大多数の物は男性が制作し、男性のために作られた娯楽です。(言葉が悪いですが、今ほかにことばが思い浮かばないので)ポルノの中では、男性の理想に答えるように、性器も含め、女性の体というものが都合よく使われています。Av女優が好きでその仕事を選んでいても、それは関係ないです。男性をターゲットにした商品を作ろうとしている以上、彼女らは男性のイメージする女性像を作り上げています。

ろくでなし子さんという女性が、自分の体をつかって作品を作るということに非常に意味があると思います。それは、ポルノ業界だけでなく、メディア、社会、に作られた、勝手な女性像と自分の体を、自分で取り戻すという意味があると思います。女性がやるから非常に意味がある行動と思いますし、過去の西洋のフェミニストアーティストもそうして自分の体をつかってアートしてきました。

もしも世界が逆転して、ポルノ業界が女性のためにあり、そういった女性向けポルノで世界があふれ、AV男優が女性に好き勝手使われていたら、「男の体は女性の欲望を満たすためだけの道具じゃないぞ!」って思ったりするかもしれません。

ただ、日本には「猥褻」に関するアメリカにはない法律があり、なぜかそれが時代ともに下半身は直接うつしてはいけない、モザイクかけなければいけない、という解釈になりました。そういった法律があるため、ろくでなし子さんの主張が、ポルノ産業を標的にしているという風にも捉えられ、名無しさんのいうように曖昧になっているかもしれません。

そんな当たり前のことを、捕まることを覚悟で、訴える!というその態度に、アート(的)な、人間のいやらしさを感じるんです。

アートで「女性の権利向上」といった政治的主張をするのが果たして有効的か、それは分かりません。もっとほかにいい主張の方法はあるのか、それはあるかもしれません。ただでさえアートは日本で詐欺だと疑われて嫌われている中で(笑)、ろくでなし子さんみたいなアーティストが現れると、余計「やっぱアートって詐欺じゃん。キチガイの集まりじゃん」ってなるかもしれません。

現代のアートは今は、油絵や彫刻だけではなく、科学、テクノロジー、パフォーマンス、文章、音楽なども含まれ、正直なんでもありになってきました。でも、ほかの分野にあてはまらない、だけど主張したいことがある!伝えたいことがある!そういうどうしようもないものに対して、主張の場を与え、真剣に受け入れてくれるというのがアートコミュニティだと思ってたりします。

ろくでなし子さんが逮捕されて留置所で辛い経験をされたことは本当に気の毒かと思いますが、彼女が「違法」と捉えられることをして世間をお騒がせしたきっかけで、世界からも日本の女性差別の問題が指摘されたり、猥褻というのは何かという議論が行われ、国内でも多少は男女差別について話されるようになったと思いますし、よかったと思います。

まぁ、私はもともと女性のイメージを壊すアウトローな感じの女性が大好きなので、相当見方にか偏りがあるかと思いますが、あとはご本人に話を聞いてみれたらいいと思います。コメントありがとうございます!

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ろくでなし子さんへの批判は、個人的には、わからない物への嫌悪ではなく、その反対です。
「女性器はわいせつ物ではない」という言い分の根拠となっているのであろう「女性器はわいせつ物である」という世界など、そもそもどこにもありません。
ろくでなしこさんの心の中には、そうした戦うべき世界があるのかもしれませんが。
性器を含んだ女性の体そのものがわいせつ物でないこともみな承知ですし、だからこそAVなんかでも見せ方を考えたり、シチュエーションを工夫します。外堀を無くした体単体なんかは少しもエロくないことくらいみな百も承知なんですよ。
そんな当たり前のことを、捕まることを覚悟で、訴える!というその態度に、アート(的)な、人間のいやらしさを感じるんです。

彼女の言い分が、いわゆるモザイク利権の日本の警察に宛てたものか、ポルノ産業なのかがハッキリしない事も、いまいち彼女自身が問題の本質が分かっていなくて、ただの話題作りなんじゃないのかと疑われ嫌われる点でもあると思います。
エロくするな、と言いたいのか、モザイクを無くしてそのまま見せるべきだと言ってるのか、分からないんですよね。
女性器をなるべくひた隠し下着を着けエロスを感じさせるようにしてきたのは、いわばアダムとイブがヘビにそそのかされて以来の人類の長い歴史ですからね。これに反抗するとなると、とても一筋縄ではいきませんし、今の人類の形態は変わるでしょう。エロスがなければ、そもそもろくでなし子さんのお父さんも恐らく子供を作ってないでしょうから。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。