はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Peter Fischli と David Weiss

Peter FischPeter Fischli と David Weiss(発音が分からない)はスイスの2人組アーティスト。彫刻、写真、ビデオ、ドローイング、インスタレーションなど、幅広いジャンルのコラボ作品を残しました。2012年にデイビット•ワイスのほうは、亡くなってしまいました。


Peter Fischli & David Weiss, "The Way Things Go, 1986-1987.

2人の作品で最も有名なのが、上記の映像作品。二人がアトリエに日常品を並べ化学反応や重力で動かしたのを、カメラがそれを追います。例えるなら日本のピタゴラ• スイッチを汚くした感じ。一回のテイクに見えますが、実は何カ所も編集されているようです。 DVDレビューには「見てて飽きない」「ピカソも嫉妬」などと絶賛のコメントを読んだ事ありましたが、私は正直眠くなりました!(^^) 3分以上のYoutube動画が見れない集中力が激減している現代人には30分の自然音しかない動画は辛いです。
大学時代にはじめて見たのですが、いまいち良さが分かりませんでした。今回グッゲンハイム•ミュージアムでPeter Fischli と David Weissのレトロスペクティブ(アーティストの生涯の作品をまとめた展覧会) を見て、かなり印象が変わったのでその感想を書きます。

guggenheim.png
Peter Fischli David Weiss: How to Work Better at the Guggenheim. Photo: David Heald/Solomon R. Guggenheim Foundation, New York

グッゲンハイムの長いぐるぐるの通路に、いくつもの白い台に乗った小さな粘度彫刻。キルムで焼いておらず、色も塗っておらず、こねて乾かしただけ。台には一つ一つタイトルがつけられており現実にあるものから、空想のシーンを表現したもの、形容詞などの抽象的なもの、テーマに分け隔てありません。集まると国語辞典の立体版みたいな印象です。


Peter Fischli & David Weiss, "The First Fish that Decides to go Ashore"
(陸にあがる事を決心した最初の魚)


この作品ができたきっかけは、チューリッヒのギャラリーがグループ展を計画していたところ、直前で出展するはずのアーティストが出展できなくなり、 Peter Fischli と David Weissに何か作ってよ!と依頼。展覧会まで6週間という短期間で作られたのがこちらの作品:"Suddenly This Overview" (1981)。世界中の知識と人類の歴史を自分たちの解釈で表すことがテーマ。6週間で表現するにはあまりにも壮大て無謀すぎ!


Peter Fischli & David Weiss, "The Apes Incapable of Understanding the Mystery of the Monolith"
(モノリスの謎が理解できない猿たち)



Peter Fischli & David Weiss, "Dr. Spock Looks at his home planet Vulcanus and is bit sad he can't have any feelings"
(スポック先生は故郷のヴァルカン星を眺めながら自分に感情がないことを少し悲しんでいる)



Peter Fischli & David Weiss "Popular Vision of Fear"
(一般的な恐怖の印象)
*写真だと分かりづらいですが、海の波か、火の海に、飛行機が突っ込んでいます。



Peter Fischli & David Weiss, "Japanese Rock Garden"
(日本の石庭園)


真面目すぎず緩い感じの彫刻と、クスッと笑ってしまうようなタイトルが見ていて楽しいです。焼く前の粘度の薄いグレイがかったあいまいな色や、アーティストの手でこねた跡の残る手探り感が、記憶のあいまいさや、自分たちの解釈の歴史を表すのにふさわしい表現な気がします(^^)表現されているワンシーンの選び方が面白いですし、粘土という子供の頃から親しみのある扱いやすい素材なので、スケッチのように手早くアイデアをすぐに形にすることができ、直結的で斬新な思わぬ形が出来上がるように思います。「日本の石庭園」など、簡単に表現されていますが、特定の庭園ではなく、本当に誰もがもつ「日本の石庭園」のイメージを的確に最低限の動き捉えられているな、と思います。

86173ba81863c267cb9969486b0a9330.jpg
Peter Fischli & David Weiss, "Natural Grace," 1985

FISWE0026-Blossoming-Branch-1986.jpg
Peter Fischli & David Weiss, “The Blossoming Branch 1986.

上記は"The Way Things Go"が作られる前に作っていた写真シリーズ。日用品を絶妙なバランスで重ね、真正面からの角度で写真をとらえることで、日用品に大きな彫刻作品のもつ威厳?みたいなのが加わっている気がします。写真では静止しているのですが、撮影時はゆらゆらしているのでしょう!今にも落ちてしまいそうな緊張感を感じ、「落ちる」という動作と写真の性質である「静止」した瞬間を捉える事の面白い矛盾みたいなのを感じます。
写真を見ているころには、写真に写っているものは倒れて崩壊していることが想像でき、「存在している」ことともうこの世には「存在していない」ものを同時に見ているような不思議な感覚を覚えます。実際の物体はもう存在していませんが、写真の中では永久に存在し続け、写真だけでしか存在できない彫刻を見ている感じがします。 言いたいことがうまく伝わっているかわかりませんが、そんな感じ!
"The Way Things Go"が、この静物写真シリーズのあとに作られた作品だとわかると、なんとなく伝えたい事がわかる気がします。どちらも時間と永遠に続く崩壊の緊張感という共通のテーマがある気がしますね!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。