はじめてこのブログを読む人におすすめの記事:
アート勉強して気付いた事/デュシャンの便器/ポロック/ 知っておくと便利/ リアルに見える絵画は本当にリアル?

-----------------------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニマリズムについて☆

正直、ミニマリズム好きじゃないんですねー。タイトルの星は精一杯の努力。
でもアート美術史的にはとても重要な動きなのです。

前々回グリーンバーグがアート界にとても影響を及ぼした、と書きました。彼のおかげでアートはより「ピュアなアート」をめざしていきました。ピュアなアートとは具体的にどのようなものかというと、グリーンバーグによるとそのミディアムの性質を最大限に生かしたアートのことです。つまり平面作品はより平面的な作品をめざさなければいけないのです。だから基本的に抽象絵画をさします。人や風景を書いた具象絵画は3次元のものを参考にしています。奥行きや立体感をだしてはいけません。それは彫刻の専門ですから!
抽象表現主義がはじめられたころは「ジェスチャー」や作家の手を全面に押し出した作品が推薦されていたのに、いつのまにか人の手は全然全く感じられないようなアートがはやりになっていきました。

barnet newman
Barnett Newman, "Who's Afraid of Red, Yellow and Blue?", 1966.

"Untitled 1969"morris louis
Morris Louis, "Where", 1960.

ルイスは絵の具をキャンバスの上からたらす手法を取って絵画を作りました。人間の手が加わるのを極限まで減らそうとしたのです。

stella
Frank Stella, "Tomlinson Court Park," 1959.

ステラは色もなくしました。色はもともと人の感情を左右する働きがあると聞きます。明るい色は明るい気持ちになりますし、青い色は悲しい気持ちになります。色を感情をあらわしてしまうと思ったのか、それさえもなくそうとしたんです。
さらに、彼は彼の作品がその作品以外のなにも参考にしないように、白い線をその線が書かれているキャンバス参考にして線と線の間の幅がキャンバスの厚さにしたりしました。徹底振りはすごい!(^^)

しかし!
ステラよりもさらに徹底した人が現れました!ドナルドジャッドです。彼から言わせて見れば、ステラの作品は、キャンバスという3次元のものを参考しているというのです。細かいよ!(~ヘ~;)って感じなのですが、彼が最終的にたどりついた結論は、絵画でピュアなアートは作れないという結果だったのです。どんなに人の手を省いても、どんなに抽象的にしても、結局はキャンバスという3次元のもの書かれたイリュージョン。
ならば、ピュアな平面作品は作れなくても、もともと3次元であることが性質のピュアな彫刻ならば作れるはずだ!と考えて、出来上がった作品たちがこれ↓
DonaldJudd_1968_convert_20090422121448.jpg
Donald Judd, "Untitled 1968." 1968.

akron3_convert_20090422121856.jpg
Donald Judd, "Untitled 1969." 1969.

ミニマリズムはアート史的に重要なのは、ここまでってくらい、「それらしさ」を求めて、最後の最後までいったこと。ここまできたら、もうなにもない、ってくらいシンプルになりました。

でも、ここまでやって、次はどうする?(^^)ってなったんですねー。もうやることなくなっちゃったみたいな。グリーンバーグの論理を追求していけば、絵画はもう死んでいるし、彫刻はジャッドみたいなのばっかになってしまう。

それから、これじゃつまらん!っておもったアーティストたちネオダダやポップアートといったアート運動を始めていくのです。ミニマリズムの次にそういった運動が起こったのではなく、同時進行で発展していくことになります。次はネオダダです!私の歴史的に大好きな動きです!それではまた次回。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。